『潤いアイメイク』で彼の視線を釘付け♡ うるツヤメイクの格上げハウツー

今春も人気の続きそうなツヤ肌ですが、ベースメイクをツヤ肌に仕上げたら、アイメイクも同じく潤いたっぷりに仕上げたいもの。まばたきするたびにみずみずしく光る艶めく目元はオンナ度をグッと引き上げてくれます。それでは【潤いアイメイク】のメイクテクを早速チェックしてみましょう。

用意するアイテムはこちらの4つ。


A:淡いパールのベージュシャドウ

B:強いグリッターパールのキャラメルシャドウ ※グリッターの入ったもの

C:淡いパールのプラムブラウンシャドウ

D:ブラウン ジェルアイライナー


手持ちコスメにない場合は、プチプラコスメで代用してください。


(1)Aをアイホール全体にほんのりのせる

『潤いアイメイク』で彼の視線を釘付け♡ うるツヤメイクの格上げハウツーの2枚目の画像


淡くパールの入ったベージュカラーのシャドウを二重の線の上まで(一重の方は1cm)を目安にのせます。


(2) Bをアイホールの半分にのせる

『潤いアイメイク』で彼の視線を釘付け♡ うるツヤメイクの格上げハウツーの3枚目の画像


グリッターの入ったキャラメルカラーのシャドウを二重の線の上5mm(一重もの方も5mm)くらい見えるようにのせます。キラキラのパールがこのメイクのポイントとなるので、必ずグリッターの入ったアイテムを使用してください。


(3)Bを下まぶた全体にのせる

『潤いアイメイク』で彼の視線を釘付け♡ うるツヤメイクの格上げハウツーの4枚目の画像


グリッターの入ったキャラメルカラーのシャドウを下まぶたに6mmほどの厚さでやや太めにのせる。


(4)Cを目の際の目尻側にのせる

『潤いアイメイク』で彼の視線を釘付け♡ うるツヤメイクの格上げハウツーの5枚目の画像


淡くパールの入ったプラムブラウンカラーのシャドウを目を開けた状態で目の際にポイントブラシを入れ込むような感じでのせます。黒目の中央(点線)を超えないように注意しながら、目尻から目頭の方向にのせるのがポイントです。


(5) Cを下まぶたの目尻側にものせる

『潤いアイメイク』で彼の視線を釘付け♡ うるツヤメイクの格上げハウツーの6枚目の画像


淡くパールの入ったプラムブラウンカラーのシャドウを下まぶたにも3~5mmの厚さで1~2回だけほんのり重ね塗りします。


(6)上まぶたに光沢をON

『潤いアイメイク』で彼の視線を釘付け♡ うるツヤメイクの格上げハウツーの7枚目の画像


グリッターの入ったキャラメルカラーのシャドウを指先にたっぷりつけて、アイホールの中央にのせます。


(7)アイラインを描く

『潤いアイメイク』で彼の視線を釘付け♡ うるツヤメイクの格上げハウツーの8枚目の画像


ブラウンカラーのジェルアイライナーで粘膜とまつげの隙間をきっちり埋めるようにアイラインを描きます。描いたかどうかわからないくらい自然にほんのりと描くのがポイントです。なお、目尻のラインは“下方向”に描きます。


『潤いアイメイク』で彼の視線を釘付け♡ うるツヤメイクの格上げハウツーの9枚目の画像


目尻の終点(青い点)から8mmくらいの長さで、目の形に沿ってタレ目気味に描くのがポイントです。さらに下まぶた全体を埋めます。


『潤いアイメイク』で彼の視線を釘付け♡ うるツヤメイクの格上げハウツーの10枚目の画像


ただし、濃くなりすぎないようにブラシについた余分な分は拭き取って埋めていき、透明度50%くらいのイメージで仕上げます。


(8) ビューラー&マスカラでまつげをしっかりめに仕上げる

『潤いアイメイク』で彼の視線を釘付け♡ うるツヤメイクの格上げハウツーの11枚目の画像


ビューラーでまつげをしっかり上げてカールさせ、マスカラを上下にONします。マスカラは2度塗りでしっかりめに仕上げましょう。



以上でツヤ肌と相性抜群の潤いアイメイクの完成になります。目を大きく見せてこそ映えるアイメイクなので、まつげをしっかりめに仕上げることと、パールやグリッターが入ったシャドウを使用することが潤ポイントになります。ぜひトライしてみてくださいね。

<text:kanacasper(カナキャスパ)>

1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡