人気インスタグラマー発!こなれヘアを叶えるハーフアップくるりんぱ

無造作なのに乱れているように見えない、トレンドの“こなれヘア。そんなこなれヘアが素敵なインスタグラマー(@misamisa014)さんにくずしワザを教えていただきました!


渡邊光沙子さんのハーフアップくるりんぱ


オフィスでも浮かない、大人かわいい着こなしやアレンジがマネしやすいと好評! くずしを意識しているから、甘めでも野や暮ぼったくならないのだそう。

<before>

トライしやすいハーフアップのくるりんぱは、くずしがないと生真面目な印象。もう少し今どき感が欲しいかも…。

<after>

髪を巻いたり、表面を引き出して立体感をつけ〝くずし〟をプラス。少しのテクニックで即アレンジ上級者風に!



【渡邊光沙子さんのくずしワザ



◆巻いた後にしっかりほぐす
ダウンスタイルなので、カールが均一になっているとわざとらしい感じ。巻いた後にほぐして毛流れを不規則にし、作り込まない毛流れに見せる。

◆見えにくいナイロンゴムを使う
太いゴムを使うと、くるりんぱしてもゴムがうまく隠せない。ヘアアクセをつけても、厚みが出てうまく留まらないので、ナイロンゴムがおすすめ。

◆髪を引き出すときは、少しずつ、大胆に!
指先で軽くつまめるくらい毛束を引き出す。リカバリーできないので、様子を見ながら丁寧に。でもくずし感がわかるように大胆に引き出す。



<How to>

①ベース巻きをする



32㎜のアイロンで、髪の中間からリバースとフォワードのミックス巻きにする。

②スタイリング剤をよーくもみ込む



ややウエットになるワックスを手に薄く広げ、もみ込みながら髪をほぐす。

<<コレを使うと◎!>>

ナプラ エヌドット ナチュラルバーム 45g ¥2,000(サロン専売品)

③手ぐしでまとめる



顔周りに後れ毛を残し、耳の上部分の髪をハーフアップに。髪を手ぐしで集めてから、ナイロンゴムで結ぶ。

<<コレを使うと◎!>>


④結び目の近くやトップの髪を引き出す



結び目を押さえ、その上やハーフアップの境目の髪を引き出す。トップは最後に。

⑤穴をあけてくるりんぱ



結び目の上に穴をあけて、そこにハーフアップの毛束を外側から通して引っ張る。

⑥毛束をギュッと引っ張る



毛束を左右に分け、ギュッと引っ張って締める。ここが緩むと、乱れの原因に。

⑦くるりんぱ部分をくずす



ねじった部分や、ゴムの近くの髪を少しずつ引き出して、ゴムが隠れるようにする。

⑧ゴムの上からバレッタを



ゴムが見えてしまう場合は、上からバレッタやクリップを飾って隠せばOK!




美的9月号掲載
撮影/布施鮎美(人物)、金野圭介(静物) デザイン/GRACE.inc 構成/たんろ

関連記事

今、あなたにオススメ