全国で最高レベルの食材の集まるグルメスポット築地

毎度のこと、様々なメディアに取り上げられる「築地」。
週刊誌、グルメ雑誌、書籍、テレビ番組……など、度々目にしたり耳にする場所である。
築地市場は東京都が昭和10年に開設した水産物、青果物を卸売する市場。
東京ドーム7つ分の広さを持ち、水産物の取り扱い規模と取引金額は世界最大!

その世界規模を誇る市場だけあり、ニュースやネタも豊富。国内だけでなく海外からの観光客の人気スポットでもあり、食の台所となっている。豊洲への移転問題やマグロの競り見学やツアー、また観光客のマナーのことなども取り上げられたり、新春早々の毎年恒例の初競りも話題となる。
今年の初競は1月5日。青森産大間のクロマグロが一匹5649万円の史上最高値で競り落とされた!
この日最大の2メートル18センチ、268キログラムもあるクロマグロを競り落としたのは、寿司チェーン店の「すしざんまい」でお馴染みの木村社長。自ら「マグロ大王」と名乗る木村社長が大好きな握りはマグロの赤身だという。

全国で最高レベルの食材が集まるこの市場は、一般のスーパーでは手に入らないブランドや生産量の限られた食品を扱う店もあり、プロの料理人や飲食店関係、業者等は勿論だが、一般の客でも手に入るものもあり、観光客や買い物客で常に賑わっている。海産物の店はもとより、乾物屋、卵焼き屋、肉屋……。
また食材だけではない。料理に使われる調理道具、包丁、鍋、ステンレス類、食器、陶器、包装用品、計量器、雑貨、飲食店の軒先や玄関に飾られる置物や赤提灯、築地グッズ…など様々な物を取り扱う店が軒を連ねている。

そして何と言ってもその豊富な食材が集まるこの築地市場には数多くの飲食店があり、食い道楽や食にうるさい人には嬉しい限りである。

築地見学をして美味しいランチを食して、買い物をして……と、大満足な散策コースとなるのだ。

さて、このグルメスポットの築地……といえばやはり寿司。
日本が世界に誇る食文化!この「ジャパニーズスシ」が目当てでこの築地に足を運ぶ外国人も多い。
築地の代名詞、看板ともいえる寿司。旬のネタ、新鮮な魚を使った寿司を求めて朝から店頭に並ぶのは日本人だけではないのだ。

築地は場外にも場内にも寿司店は何軒もあるが、場内は昼の2時ぐらいで閉まってしまう。
ゆっくり食べたい、飲みたい人は場外の方がお薦めかもしれない。
早く閉まる場内の寿司屋は朝から人が集まる。

有名なのは「寿司大」。こちらはいつでも大行列である。

私自身もやはり美味しいものを求めで築地を歩くことがあるのだが、いつもすごい人だかりで、人気アトラクション待ちのような長蛇の列に毎度諦めていた。

しかし「次に築地に行った時には是非味わいたい」という思いは失われず…先日挑戦してきたのだ!
この寒空の下で待つのはつらいと思い、今はヒートテック、昔ならばババシャツと呼ばれる薄手のインナーを着こみ、靴下やレッグウォーマーを重ね、ダウンを羽織り、手袋とマフラーはしっかり着用、という防寒対策をとり、並ぶ覚悟で出向いた。

るるぶやグルメ本、築地周辺の地図を持った若いカップル、女性同士のグループは勿論のこと、年配のご夫婦…と、まさに老若男女が立ち並んでいる。私の前後は韓国のカップルと中国のカップルであり、その後ろにはアメリカ人…と、国際色も豊かである。

朝10時半から…待つこと1時間半。
冷たい風のせいで耳も痛くなってきたし、手足がシビレ感覚も麻痺してきて辛くなってきた……しかしここで諦めてしまったら美味しいネタにはありつけない。

待つことそろそろ約2時間……ようやく店ののれんをくぐった。

狭い店内に入ると板さんが「……らっしゃい!寒い中お待たせしましたっっ」
1
2

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡