ananも取り上げる“シコアサイズ”ダイエットって!?

お正月を過ぎて少し落ち着いた頃に、ananから毎年このテーマで特集が組まれ、多くの女性が思わず手にとるのが“ダイエット”特集。そう、お正月太りってわかっていても毎年繰り返してしまうんですよね(涙)。

今回も、チューブダイエット、くびれウォーク、顔ヨガetc……興味深いダイエットが紹介されていましたが、中でも気になったのが“シコアサイズ”。

あの“相撲”の基本、“四股”の動きをマスターして美しいボディを手に入れるというものなんです。“シコア”って、“四股(しこ)を踏む”の意味だったんですね……。と思いきや、それだけではありませんでした。

“体の核(CORE)を餅、軸のぶれない生き方を取り戻す哲学”のことを意味し、これを提唱しているのが、あの貴乃花親方。このエクササイズを続けることで、姿勢や骨盤の歪みが軽減、2週間で4~5キロ痩せたという方が多い(←ここ大事!)のだそう。

とはいえ、あのお相撲さんの四股を踏む姿って、女性としてはあんまり美しくないように思えるのですが……これで痩せられるの? と、私は半信半疑。

でも、写真つきで説明されたページを読んでいると、納得。確かに体幹が鍛えられそうなエクササイズでした。

基本の立ち方、呼吸法、動き……


まず、基本の立ち方は“頭は体の中心に来るよう、天に引っ張られるよう意識”。
“肩の力は抜く”“胸を開き、肩胛骨を寄せるよう意識。背筋はまっすぐに”等……ジャズダンスやバレエの基本姿勢に似ています。

そして、足を開き腰を落としていきます。その時も姿勢は変えず呼吸も止めないこと。落とせるところまで腰を落としたら、今度は丹田を意識して、息を吐きながら、ゆっくりと膝を伸ばしていく。これを合計4セット続けます。

……これも、ジャズやバレエのいわるゆ“2番”のドゥミプリエによく似てる。この動作って単純なように見えて、きっちりこなそうとすると汗が滲んでくるほど。

1日1回、2週間。5つのプログラムでマイナス5キロ


ダンス好きの私としては、もっと“シコアサイズ”を知りたくなり……ここでは、貴乃花親方が「特にオフィスで働く女性は、日常的に腰に負担がかかっている為、骨盤が歪んでいることが多いので」と、anan読者の為に作ったエクササイズが紹介されていました。

“下半身強化エクササイズ”“腰回り引き締め運動”“姿勢の矯正”“腰骨をねじって戻す”etc……。

親方曰く「完璧を求めず、時間をかけてゆっくりと。まずは心の負荷を取り除く気持ちでやってみてください」とのこと。

シンプルな動きだけに、思わず辛くなるまでやってしまった私。こうしてムダに心にも負荷をかけているのだわ……(涙)。これを地道に続けられるかどうかが、私の課題になりそう。

ただ、私のように誰かと一緒なら張り切れる!という方の為に(!?)、今後は、東京でも専門インストラクターの直接指導によるスタジオレッスンも開講予定だとか。

それまで待てないという方は、DVDや本も発売されているようなので是非チェックしてみてくださいね。
(ミカマイコ)
1

この記事を書いたライター

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡