結婚までの道のりは手短に…スピード婚はイマドキ婚?

あゆとマニェル・シュワルツの離婚もダルビッシュ有と紗栄子の離婚も、原因や理由はアレコレ言われているが、それこそ本当のところ、ホントのことなんて二人にしかわからない。

ただわかるのは、「こんなハズじゃなかった」「やっぱりこの人とはいられない」……と思ったことなのは確かであろう。

そして、このカップル達に共通していることはスピード婚、電撃結婚であった…ということである。
結婚に至るまでの交際期間はあゆは五カ月、できちゃった婚のダルビッシュは三カ月。そういえば昨年の9月に離婚裁判中という事が明らかになり泥沼化が騒がれている俳優の高嶋政伸とモデルの美元夫妻もスピード婚であった。交際6日目にはプロポーズし交際期間五カ月でゴールイン。

恋に酔いしれている者からするとちっとも早くはないことなのだろうが、世間からはスピード婚とか電撃婚といって騒がれる。ラブラブな二人にとっては余計なお世話であり、当人達は不安など感じていないのだが、冷静沈着な周りからは「結婚に至るまでがちと早すぎるんじゃないか?」「本当に大丈夫か?」と心配されるのが常。

しかし、最近の様相はこの結婚を決めるまで、また結婚に至るまでの交際期間が短くなっている。かつては長い恋愛期間を経てゴールインするカップルや交際期間2~3年も多かったが、最近の傾向は、まさに「鉄は熱いうちに打て!」。それこそ熱が冷めないうちに結婚するカップルが増えているのだ。

確かに物事は時期を逃さないうちに実行しないといけない、という例えであるが…熱けりゃ上手くいくとは限らない。

しかし近年の交際期間はだいたい一年未満が圧倒的に多い。

■いい夫婦の日アンケート結果2009年
交際期間は半年以内…11.5%
半年以上一年未満…25.3%
一年以上二年未満…24.3%
五年以上…11.0%
半年以上と一年未満を合わせると36.8%。一年未満は全体の三割以上にのぼりこの結果から電撃やスピード婚は定着してきたという話になっている。
参照:「いい夫婦の日」をすすめる会

■いい夫婦の日アンケート結果2010年では
半年未満…10.6%
半年以上一年未満…27.3%
一年以上二年未満…21.3%
五年以上…16.4%
半年未満を含めると一年未満に結婚する人は37.9%で全体の4割近くに迫っている。
参照:「いい夫婦の日」をすすめる会

■いい夫婦の日アンケート結果2011年では
半年未満…11%
半年以上一年未満…26.9%
一年以上二年未満…23.1%
五年以上…12.8%
一年未満で結婚する人は37.9%で前年同様4割近くを占めている。
参照:「いい夫婦の日」をすすめる会

しかし、さかのぼって2007年の資料、「escalaウエディング白書」によると
「Q:結婚するまでの交際期間は?」に対して
半年未満…2.7%
半年~一年…15.7%
一年~二年…21.1%
五年以上…22.2%
スピード結婚は少数派であり、ナント五年以上の交際が一番多い。それに次いで1~2年の21.1%が二位。一年未満の交際で結婚を決める人は三割に満たなかったのである。

結婚は交際期間で良し悪しが決まる訳ではないし、長く付き合ったからといってうまくいくわけではない。しかし期間が短いとその分僅かな時間で相手を見極めなくてはならない。交際期間にシッカリ相手を見て判断できれば問題ないのだが……。

互いの結婚に対しての認識や目的意識、他人同士がひとつ屋根の下で生活するというリスクも考え、自分の仕事のことや家事のこと、また互いの両親のことなども無視できない。そんな話合いも事前にしておかないと後で厄介なことになる。

相手をよく知った上でとか、一生の伴侶になる人だから相手選びは慎重に……ということより、勢いに任せてその時の感情で決めてしまったり、または結婚に対しての焦りなどで決めてしまうと、「こんなはずじゃなかった」「この人じゃなかった」と思いかねない。
生活をしてみて、素の相手を知った時の落胆は大きくなる。

お手軽婚の落とし穴……。最短ルートでまっしぐら、スピード結婚は、早すぎる離婚ももれなくついてくることになりかねないのである。

(神崎桃子)

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡