今日からできる! 好きな彼の心をつかむテク

つぐみ恋愛相談所の橘つぐみです。

男性の心をつかむものの一つに「彼を褒める」という行為があります。
恋愛関係を長続きさせるポイントの一つは「居心地の良さ」。ですから、相手をどのように褒めるのかは、いつまでもラブラブでいられるかどうかの要なんですよ。

よく、恋愛テクニック集などに「『すごーい』といえばいい」と書かれている場合がありますが、それだけでは不十分。経験豊富な男性には「モテテクか?」と、逆に疑われてしまいます。

それより、彼がホメてほしがっているところを褒めるというのが重要です。

彼がどこを褒めてほしがっているのか? というのは、相手を観察していれば、だんだんわかってくるもの。

1つ目は「彼のコンプレックス」です。多かれ少なかれ、人はコンプレックスを抱えていることがあります。ルックス、学歴、収入などの条件から、話がつまらないなどの内面的なことまで。
多くの男性は、そのコンプレックスを埋めるため、別の特技を身に着けている場合があります。そこを褒めるのです。

例)ルックスが悪い→モテるため、スポーツ万能になる→彼の運動能力を褒めると○
話がつまらない→面白くするため、相手に気を使う→彼の優しさを褒めると○

既にお付き合いしている関係の場合、彼のコンプレックスであろう部分を褒めるという方法もあります。ただ、これは1回褒めたくらいでは効きません。会うたびに褒めるくらいでちょうどいいでしょう。

2つ目は、彼が誰かを批判するとき。
批判の裏には「俺は、あんなヤツより優れた人間だ」という気持ちが隠されているもの。
例えば……、

彼「部長の議事録、わかりにくいですよね」
あなた「そうかもしれません。○○さんは、議事録のまとめ方がうまいから、余計そう思うのかもしれないですよ!」

この場合、彼は部長をこきおろしたいというより「俺の方が議事録のまとめ方がうまい」とアピールしたい気持ちがありますので、そこを褒めるのです。

3つ目は、彼の持ち物。例えば、彼の収入が高い場合、持ち物の値段が庶民とは1ケタ違う場合があります。
彼自身も、それを自慢してくる場合もありますが、値段を褒めるのは最悪。
「スーツ、バーバリーなんてすごいですね!」
とか。

値段を褒めても、他の女性と同じになってしまいます。ですから、センスを褒めましょう。

「スーツ、この季節に合っている色ですね!」

まずは、身近な人(親兄弟、男友達)で練習し、彼にも実践してみましょう!
(橘つぐみ)

この記事を書いたライター

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡