どうする? お小遣い制の彼との不倫

この記事を読まれている方の中には、お小遣い制の彼と不倫……つまり「毎月、奥さんから決められた額(3万円とか)を渡され、自由になるお金はそれだけ」という既婚男性とお付き合いされている方も、いらっしゃると思います。

今回は、そういう彼と付き合ってしまった場合、どうすれば長く良い関係を作っていけるかどうか、書いていきます。
(不倫がいいかどうかという話は、敢えてカットします)

まず、女性がよくやってしまう失敗の1つに
「彼は、お小遣い制でお金がないんです。だから、デート代は私が払っています!」
という行動があります。

もちろん、自由に使えるお金は、お小遣い制の男性に比べると、女性が(独身、既婚にかかわらず)多いかもしれません。
ですが、相手に目に見える利益を与えることが中心の関係というのは、あまり長くは続かないもの。なぜなら、お金を払う行為は、別にあなたでなくてもできるから。もっと言うならば、あなたより可愛くてスタイルのいい、お金持ちの女性が現れたら、一発でサヨウナラです。

では、どうするのがベストなんでしょう?

まず、支払いですが、割り勘以上の金額を払う必要はありません。
割り勘の比率は「あなた:彼=食事代:ホテル代」が理想的。

次に、彼がなぜ、妻以外の女性と関係を持ったのか考えてみましょう。
そもそも、男性は面倒なことを好みません。お金がなく「ただ他の女性と関係を持ちたい」だけの場合、風俗店などに行った方が手っ取り早くてラクというのがあります。
もしくは、出会い系などで1回限りの逢瀬を繰り返す方が、楽しめるかもしれません。

しかし、継続して特定の女性と会うということは、そこに体の関係以外の何かを求めているといえるでしょう。

何を求めているのか?といえば、やはり「尊敬・賞賛」です。
軍資金が少ないにもかかわらず、他の女性と関係する男性は「尊敬、賞賛」されることに、相当飢えていると考えられます。彼自身、気づいていないかもしれませんが、男らしさを確認する最後の手段として、不倫に走っていることが、とても多いのです。

ですから、まずは彼をホメること。(褒め方については、こちらを参照)

どんな恋愛であれ、長続きする関係というのは「あなたが、相手にとって、限りなく代替え不可能な存在」となったとき。
彼をよく観察し、心から褒めることが繰り返しできれば、彼にとってあなたが、かけがえのない恋人になっていくはず!
(橘つぐみ)

この記事を書いたライター

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ