「彼の前で少食」は女性らしさの表現? それとも?

「彼氏と会っていると食欲がなくなってしまいます」という投稿が寄せられました。トピ主さんは、「彼と会う前や会っている最中に、なぜか食欲がなくなってしまう。付き合って半年も経つのに、この調子で大丈夫なのか、自分と彼は合わないのだろうか……」と悩んでいらっしゃる状況です。

男も女もステレオタイプ化


皆さんにもおそらく覚えがあると思いますが、「男性の前で少食になる」ということ自体は、女性にとって特別珍しいことではありません。心理学者プリナーとチェイクン(項目[6]をご参照ください)の実験によっても、「女性は、女性を前にしたときよりも、男性を前にしたときのほうが、食事量が少なくなること」、そして「魅力的だと感じる男性の前で、女性はさらに食事量が少なくなること」が証明されています。

世の中には一般的に「少食=女性らしい」という風潮がありますので、女性は男性を前にすると、意識的にも無意識にも「女らしくありたい、女らしく見られたい」という心理が働き、それで少食になると分析されています。また、特に「魅力的と感じる男性」の前では、女性は「少食」「控えめ」「非力」「にこやか」等々の、女性らしさの典型(ステレオタイプ)に沿った行動を“強調”することが知られています。こういった行動は「ステレオタイプの自己呈示」と呼ばれ、食事量に限りません。例えば、好きな男性の前で「重たいものを持てない」というような仕草をするのも、こうした行動の一つなのですね。

これは男性側にも起こる心理行動で、気になる女性の前では、率先して重たいものを持ってあげたり、お金がなくてもおごってあげたりと、「男らしく見られたい」という思いから、男らしさのステレオタイプ(力強い、気前が良いなど)を強調する行動を取りがちです。ちなみに男性は、「運動能力」の部分で“男らしさ”を意識する人が多いことも分かっています。学生時代、好きな女の子の前で、スポーツで不格好な姿を見せるのが本当に嫌だった……なんて思い出がある男性も少なくはないのでは?

「緊張感」は恋の証


さて、トピ主さんが彼の前で食欲が湧かないのは、上記のような「彼の前で女らしく振る舞いたい、振る舞わなくてはと思うから」という理由が1つ考えられます。意識していない異性の前では普通に振る舞えても、「よく見られたい」と思う相手を目前にすると、「嫌われたらどうしよう」というプレッシャーを感じ、行動も不自然になってしまうのですね。

大ヒット漫画「ハチミツとクローバー」という作品のなかに、こんなシーンがあるのをご存知でしょうか。主人公はぐみが、好きな青年と初めて2人きりで出かけた日。帰宅後に父親代わりの修司から「楽しかった?」と聞かれると、はぐみはベソをかきながら、こう答えます。「緊張するし、歩くの追いつくの大変だし、目の前だと(大好きな)プリンも食べられないし、全然、楽しくなんかなかった……」と。それを聞いた修司は、「それが恋、なんだよ」と心の中で呟きます。

以前の記事(「この人を好きになれたら……」と悩むときは)でも書きましたが、「緊張感」というのは恋をしている証でもあります。好きな人と一緒にいると緊張するのは、相手から自分への視線を過剰に感じ、『公的自己意識(=他者から見られる自分を意識する傾向)』が一気に高まるため。「自分は相手にどう見えているかな」「どこか変じゃないだろうか」など、普段は意識していない様々な部分(容姿、服装、声、話し方、等々)が気になってきてくるのですね。この「公的自己意識」が高まるほど、「自分はダメだ、かっこ悪い」「私はみにくい」などと感じ、自己評価が低下してしまうことも分かっています。

彼への「不安」を解消できるか


トピ主さんが少食になってしまうのが、上記のような「恋しているから」「女らしく見られたいから」という心理が原因であれば、さほど問題はないのですが、トピ主さんのケースはもう少し深刻で、特に、彼に以前、厳しい言葉で罵られたことをひどく気にされている様子です。

「彼は何でもできる人だ」ということですが、一見、完璧で、プライドも高いように見える男性ほど、実は他人からの評価を渇望し、非常に気にしている、という心理傾向があります。そして、他人から満足に評価を得られなかったり、批判されたりすると、自信が脅かされ、その不安や焦る感情を隠すために、突然キレたりすることもあるのですね。詳細が分からないので断言はできませんが、トピ主さんを罵ってしまった際、もしかして彼の精神状態が不安定だったのかもしれず、そうして些細なことで彼の逆鱗に触れてしまったのかもしれません。

このように、男性との関係でうまくいかないことがあったとき、女性はどうしても「“自分が”何か悪いことをしたのだろうか」と悩んでしまいがちですが、必要以上に「自分がダメだったから」などと責任を感じすぎないように。完璧に見えても、彼だって一人の人間ですから、感情的な行動を取ってしまうことはあるでしょう。相手の不安定な状態に反応しすぎて、こちらまで慌てたり騒いだりしすぎてしまうと、2人の関係は揺らいでしまいがち。トピ主さんと彼は、そうして、関係が不安定になってしまったのかもしれません。パートナー関係においては、一般的に、「片方が不安定な精神状態のときは、片方が落ち着いて対処してあげる」ことで落ち着きを取り戻せる……というケースは多いです。

別れる勇気、許す勇気


彼はトピ主さんを罵ったことをとても反省し、二度と罵ったりはしなくなった……とのことですが、もしかしてまだトピ主さんは、そのことに納得がいっていないのかもしれません。「どうしても解せない」、「彼には、ありのままの自分で愛されていないと感じてしまう」というのであれば、いっそトピ主さんのほうから「離れる」という選択をしたって構わないのです。ですが、やはり彼が好きで、関係を続けたいという思いが残っているのであれば、一度のことですので、許して水に流すよう努めましょう。そして、「自分が、なぜ彼の前でそんなにビクビクしてしまうのか」という原因について、一度、心の中と向き合ってみましょう

基本的に、恋愛関係で生まれる「相手に好かれないといけない」「怒られないようにしなくては」等の思いは、すべて『不安』から来ています。恋愛をする以上、「相手に十分に愛されているかどうか」という不安が生まれるのは当然のことですし、女性は特にそう感じやすい傾向もあります。しかし、この「不安」の感情を垂れ流しにしたまま、つまり自分で処理する努力をしないでいると、恋愛関係はかならずと言っていいほど悪くなってしまうのです。

立場を逆にして考えると分かりやすいのですが、例えば、自分の恋人が、こちらに合わせるような言動ばかりしたり、「いつも完璧な恋人」を演じようと必死だったりしたら、とても窮屈ですね。また、顔色ばかり伺ってくる相手が退屈に思え、だんだん魅力を感じなくなってくるかもしれません。相手に「好かれよう、気に入られよう」とするあまりに、好かれなくなってしまう……という矛盾が起きてしまうのです。

彼が選んだ自分に自信を持って


「不安に感じるのは、彼の言動のせいなのかな?」、「どうしたらビクビクせず、付き合っていけるのかな?」など、自分の心をゆっくり見つめ、おそらくそこにあるであろう、「不安」の要素を一つずつ取り除いていきましょう。彼が素敵だと思えているのであれば、その素敵な彼が選んでくれた自分にも、もっと自信を持ってよいのです。不安ばかりに焦点を当てず、例えば「彼の愛情を感じた出来事」などを思い出してみて、「私は愛されているんだな」という『幸福感』で自分の心を満たすよう、できるだけ努めてみてください。

また、もし仕事や対人関係の問題など、恋愛以外でも自信を持てない要素があるのであれば、そちらのほうで頑張っているうちに、恋愛もいつのまにかうまくいっていた……ということもあります。頑張って仕事で成果を出したら、自信が増して、彼ともポジティブに向き合えるようになった、なんてケースもあるのですね。

「彼といて、しんどいと感じるのであれば、離れればいい。私は、この私のままで大丈夫」、そんな風に自信をきちんと持つことができれば、次第に彼の前でもリラックスできるようになり、食事も普通にとれる日がくるかもしれません。不安ばかりに苛まれて、どうか大切な恋愛をダメにしてしまわないように。そして、その恋愛が「あまり幸せだと感じられない」ものだと気付くことがあれば、自分から離れていく勇気も、持っていて下さいね。
(外山ゆひら)

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ