人生、腹八分目で行きましょう!

恋も仕事も、自分磨きも自分探しも、もりあがってテンションがあがり、ついやりすぎてしまうことありませんか? やる気のスイッチが入るとノリノリでとことん際限なくやってしまいがちです。
 
ですがあまりに熱中すると、周囲が引くほどやり過ぎてしまったり、疲れてしまったりして、生活のバランスを崩しがち。
 
興奮したときに出る脳内ホルモン=ドーパミンは、そのうち耐性がついて物足りなくなり、「もっともっと」とエスカレートしてしまうのだとか。そのせいか、終わったあとにものすごい虚脱感に襲われることもありますよね。
 
興奮しすぎて鼻血を出す子どもじゃないんですから、分別のあるオトナとしては「物足りないな」と思うぐらいでやめておきたいもの。
 
仕事で調子が出てきたからといって、もうひとふんばりをしないで早めにおうちに帰る。
 
細部にこだわって完成度を高めすぎる前に、とりあえず提出して相手の反応を待つ。
 
いい感じになった男性に、もう一通メールを送らず、名残惜しい気持ちで携帯を閉じる。
  
そうした「抜く」勇気もまた、ゆるんだ生活のためには必要なことです。「適当」というと響きが悪いですが、「適度」ということ。「いい加減」と聞くと響きが悪いですが、「いい感じ」ということ。
 
お楽しみはまた今度。なにごともなるべく適当にいい加減にほどほどにするよう心がけたいですね。人生、腹八分目でいきましょう!
(五百田達成)
1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡