夢をかなえるための3ステップ

小さいころからやってみたかったことにチャレンジしようとしても、転職や会社を辞めることが伴うと、なかなか勇気が出ません。

一歩を踏み出せないけど、踏み出したい。あるいは、とくにやりたいこともないんだけど、なにかを見つけたい。そんな人にオススメなのは「夢をかなえるための3ステップ」です。

1:調べる


ネットの情報でも、本でも、似たようなことをしている人に話を聞くでも、なんでもいいのでまずは調べてそのことについて「知る」のがファーストステップ。この時点で「意外につまらなそうだな」と思えたら、それはそれでひとつ煩悩が消えてラッキーですよね。

2:人に話す


もし興味が持てたら、次に周りの人や友人に話します。「将来、~~をしたいんだよね」と話しているうちに自分の中でもやる気が高まります。この場合も、話してて自分の言葉がなにか上滑りする感じだったら、どうやら違いそうです。あるいは、ステップ1が足りてないのかも。

そのチェックのためにも、恥ずかしがらず話しましょう。「それってどうなの?」と頭ごなしに否定するような人とは今後疎遠になってもOK。本当の友達であれば理解しようとしてくれますし、サポートもしてくれるでしょう。

3:試しにやってみる


話しているうちに盛り上がってきたら、ほんとうにほんとうに小さな規模でいいので、とりあえず試しにやってみます。お菓子屋さんを開きたいなら、お菓子を作って友達に買ってもらう。ライターになりたいなら、試しに100文字書いてみる。ネイリストになりたいなら、100円でもいいのでお金を取って友達の爪を塗る。そうやってみると、本当にいろーんなことが分かります。

意外につまらなかったり、お金を取るのが気兼ねするようだったらそこでやめても全然OK。いつかまたやってもいいし、ほかのことに目を向けてもいいのです。さくっとできて満足しちゃった場合も同様です。

もしうまくいったり楽しかったりしたら、5個作ったお菓子を10個に。100字を400字に。100円を500円に。そうやって徐々に大きくしていきます。

最初は無料でもいいかもしれませんね。土日に数時間だけ、というのもいいでしょう。

実際にやってみるといろいろ見えてきます。最初からうまくいくなんてことはないでしょうから、改良すべき課題はてんこ盛り。毎日やらなきゃいけないことに追われて大忙し。それでも夢に近づけているので、モヤモヤが晴れます。そうなれば、日々の単調なお仕事にも耐えられるというもの。

そうやって、調べて、話して、やってみて、ちょっと違うなって思って、今度は他のことに興味を持って、調べて、話して、やってみて、ちょっと違うなって思って、他のことに興味を持って……。

一見無駄なようですが、この繰り返しでしか、なりたい自分になる道はないのです。

ポイントはいろんなことに手を出すのを恥ずかしがらないこと。「いっつも言ってること違うじゃん」「で、結局なにがやりたいの?」と周囲から言われようとも、気にしなくてOK。なぜなら、実際に行動に移してるのはあなただからです。

行動している人は、言うことをくるくる変える権利があります。胸を張りましょう!
(五百田達成)
1

関連記事

今、あなたにオススメ