急に黙る女達 「言わなくともわかって欲しい、読み取ってほしい」女の本音

前回の記事では急に不機嫌なる、突然黙りこむ女の話を書いた。「突然不機嫌になる女に対処できない男」……何か腑に落ちないことや気に入らないことがあり、女が急に口を開かなくなる。そこで男は「どうしたの?」と聞いてみる。「別に……」とか「何でもない」と女が答えれば、聞いた男はそれを鵜呑みにする。なんかおかしいゾ…と思ったとしても、相手が「何でもない」というならば何でもないのである。
仮に何かあったとしても男とっては突っ込む必要がないことないことである。だから無理には聞かない。「何んでもない」ということはつまり「ほっといて欲しい」「自分で考えたい」という意味に取られる。女の本音は「なんでもなくはない」し「放っておいてほしくない」。
しかも「わかってほしい」のだ。

しかし「何でもない」という言い方は、「アナタに話しても仕方がない」「言ってもしょうがない」とも受け取られてしまうこともある。せっかくこっちが心配して様子伺いしてるのに「何でもない」と言われたら……自分は必要ない、拒否されているのかと思われ、放置するしかなくなる。わかってほしいのに「何でもない」といってしまうのは相手を踏み込ませたくないこととして捉えられ誤解を招くこともある。

しかしホントにあまのじゃくで困ったものであるが、女のこの「何でもない」は何でもなくなどない。だいたい女が「何でもない……」という時は「なんかある時」なのである。

急に黙る、不機嫌になるのは何かを要求していることであり、相手に気にしてほしいと思っている行為である。
しかし厄介なのはその要求を、思いをわざわざ口に出したくない。
女心は複雑である。言わなくともわかってほしい。そしてそれを察してもらえないと、分かってくれないと落胆する。

例えば、誕生日やクリスマスプレゼントやまたは記念日、イベント……。男がそれを忘れていたものならひどく落ち込む。前もってこちらからは、「これが欲しい」「こうして欲しい」「何処何処に連れて行って」「この店に行きたい」などとは言わないけれど、男がそうしてくれること期待している。
いうなればわざと言わない事で“相手の自分への思い”を試しているのである。

そして自分が描いていたような記念日が過ごせなかったり、思っていたような店やプレゼントをもらえなかったらえらくガッカリする。望んでたものと全く違うものを男がセレクトしようものならムッとする。「こんなんじゃない」「私が思ってたのと違う……」女は自分が先に口に出さなくとも相手がそうしてくれることに悦びを見出し、それによって相手が自分を想ってくれている、ということを確認したいのである。愛の深さや重さを図りたいのである。女は愛されている、という実感を味わいたい生き物。こっちが言ってから動いてくれても嬉しくなどない。察して、先回りして行動して欲しいのだ。わかってほしいのだ。

デートコースを決める時などもそうである。男が「どこ行きたい?」と聞き「何処でもいいよ」と女は答える。
男が「何食べたい?」と聞くと「何でもいいよ」と女は答える。……何処でもよくないし、何でもよくないのに、だ。
しかし男は言葉通り受け取る。なるほど。何処でもいいんだな、と……。そして透視力もなく、女の腹具合も分からないので本当にどうでもいい、トンチンカンなところへ女を連れていったりする。

付き合い初めやまだ交際期間が短い頃、自分のままならない時や機嫌を損ねたりすると女は「何でもない」…と急に黙ることが多い。しかし付き合いが長くなってくると今度は怒り出す。
「なんでイチイチ言わなきゃわかんないの?」
「こんなことも言わなきゃわかんないの?」
「言わなくともわかってよ!」
「キーッ」
となる。
それを聞く男はクエッション? なんで勝手に怒ってるんだ? 俺、怒らせることなんか何もしていないのに……? 女からしたら男が「何もしないから」「動かないから」「わかってないから」こそ怒っているのだが、男には具体的に「ナニナニをして欲しい」と言わなきゃわからない。
男にとっては勝手に怒ってるのではなく「してほしいこと」、要求を言ってくれた方が正直、有難いし、楽である。

しかし「ハッキリ言ってくれ」と思う男の気持ちとは裏腹に、女としてはそんなこと「言うまでもない」
のである。「そんなこと気づけよ!」なのである。
いろんなことをやらなきゃいけない時や忙しい時などは特にそうである。料理をしながら洗濯をしたり、掃除しながら料理に火をかけていたり、子供が泣いていたり…電話が鳴ったり……集金が来たり…出掛けなきゃいけない時間が迫っていたり……。

空気を読んでほしい、気遣って欲しい。言わなくとも手伝ったり、動いて欲しいのだ。女からしたらそんなこと言わなくともやってくれるのが普通であり、当たり前のことだったりする。もしくは同じ事を何度か言い続けてきたのにもかかわらず、言われたことを忘れている男にまたもや言うのが面倒なのである。

だから女が気に食わないのは男が何も考えもせずに、シャーシャーと聞いてくること。「なんで怒ってんの?」「どうしたの?」などと男に聞かれると、さらに怒りは大きくなる。女側には、これはご機嫌とりなどというカワイイものではなく、「コイツなにも考えてない」「考えようとしていない…」と解釈し反感を買うものとなる。

「言わなきゃわからない」「言ってくれなきゃわからないよ」というのは、この男には理解する気がない、この状況をわかろうとしない、として捉えられる。人の気持ちを読もうとしないところに腹が立つのだ。

女は共感型である。わかろうとする気持ちを大切にする。女同士の会話でよく出る
「うん、うん、そうだよね」「わかる、わかる」……コレである。相手の立場たって物事を考える、顔をみたら察してくれるとか、抱いた感情を理解してくれることに弱いし、そういうことが好きであり、相手にもそういうことを求めている。

女が不機嫌になるのは男に感じとってほしい、読み取って欲しい……という願いであり、聞かなくとも「自分で考えてくれ」ということなのである。女が急に黙ったら……まずやるべきことは“考えること”なのだ。
(神崎桃子)

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡