絶対失敗しないデート服コーデ! 男子のタイプ別、攻略法

永遠のモテ服――私たちはいつもデートに行く服を迷う生き物だ。
「あの人はどんな格好が好きなんだろう……」そう思いながら服を選んだことは女なら何度でもあるはず。筆者は、ハリウッドセレブ顔負けのパーティー服でデートに向かい、「僕に君はオシャレすぎる」とフラれたことは一度や二度ではない。むしろ何度か数えたくない。

男性とはオシャレすぎる服をあまり好かないのか?
じゃあ、白いワンピース? ピンクのスカート?

男性によってオシャレと思う服が違うからそのような誤差が生まれるのだ。つまり男性のタイプで服を選ぶことはモテへの近道であり、誤ると非モテコーデになる。
そこで、女性ファッション誌で働いた経験を生かし、筆者が研究に研究を重ねたモテ服を紹介しよう。

相手の男性のタイプを「高収入男子」「ファッションオタク男子」「ナチュラル男子」「体育系男子」に分けてそれぞれの“モテ服”を考えてみた。

高収入男子


高収入男子は、肩書に弱くモデルタイプの女性に弱い。ボディコンチックなスカートやトップスを好む。
またありがちだが、高収入男子は車好きが多く、車好きは足が綺麗な女性が好きである。
助手席に座った女性の足をよく目にするからという色っぽい理由である。そのためミニスカートが効果的。

ファッションクラス男子


ファッションクラス男子はとにかくブランドオタクで、新気鋭の誰も知らないブランドをこぞって調べる。
やたら全身を黒で包む。シンプルかつ奇抜なファッションを好むので、スケ感のあるトップスや、部分的な切れ込みがある服や
エッジイなアクセサリーやアイテム類を取り入れよう。流行に敏感なのでトレンドアイテムを入れるとよい。

ナチュ系男子


ナチュ系男子は、ゆるい感じの服を好む。生活も性格もエコロジーな彼らは都会っぽい服をあまり好まない。本人たちも森に住んでるのかと疑いたくなるほど自然派の服だ。
シンプルでかつ機能的な物を好むので、デニム素材、白のシンプルなブラウス、色はアースカラー(茶色、ベージュ、緑、など)
など、自然的で、清潔感を重視する。素材で言うと、コットンや麻。リネン素材を選ぶとよい。
森に住んでるようなイメージ。地方出身の緑に囲まれているような場所から出てくる人をイメージしよう。

体育会系男子


体育会系男子はTシャツや動きやすいトップスが好きだ。本人たちもスポーツばっかりしていたので基本的に青春時代をジャージで過ごしている。
ジャージはオシャレではないので、流行りのゆるいスウェットタイプのアイテムやTシャツにショートパンツなど健康的でスポーツができそうな格好を選ぶとよい。いきなりこのタイプの男子がデートで走り出しても困らないように、足元はスニーカーやローヒールで対策しよう。

それでも難しい! っていう人は心理学でいう「色」で印象付けよう。

人は原色の色を覚えやすいので原色を選ぼう。中でも「赤」の服は視覚的に覚えてもらいやすい傾向があり、性的興奮を誘う色でもある。また、暗い場所でデートするならハイライト効果のある白いトップスで顔色を美しく演出しよう。

コントラストを武器にする


色が白い女性なら原色でいうと黒が映える。嫌らしく見えないのでシックに決まる。
色が黒めの女性なら、原色で言うと白がよい。黒めの肌をより健康的に見せ可愛らしく見せる効果がある。

男性のタイプ、そしてTPOとコツさえつかめば、モテ服は簡単に作れる。
モテ服とは、「見極める」ということに勝てた服なのだ。

筆者のようにデート服がパーティー服になって失敗する、という苦い経験が女子たちから少しでも無くなれば私の失敗に終わった服も救われると思う。
(エルメス)
1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきファッション・コーデ記事5選♡

新着記事