男の嘘や浮気を見抜く女は名探偵

前記事では女性が表情を読み取ること、人の表情の変化に敏感である話をした。

感情を伝える合図やシグナルは“言葉”とは限らない。顔の表情、声のトーンや、雰囲気からでるニュアンスや身振り、手振りなどの非言語的表現がある。

女性は非言語的コミュニケーションが得意なのである。故にそれに気づかない男性にイライラしたり不満を持ってしまうのである。

母親はその優れた代表者である。
赤ちゃんの泣き声ひとつで対応できる。泣き方や声のあげ方や表情で赤ちゃんの気持ちを察する。
必要としてるもの、欲しているもの、訴えようとしていること、不快なこと……言葉で伝えられない赤ちゃんの思いを読み取る。不安や寂しさで泣いているのであれば母親はすぐに抱き上げたり頬をすり寄せる。
微妙な発信やSOSを見逃さず、異変に素早く気づくからこそ、赤ちゃんは無事に育ち、成長していくのである。

相手が何を思ってるか? どう感じてるか? テレパシーではない。占い師や超能力者でなくともわかってしまうのだ。相手の表情や仕草から感じ取り、謎を解く……。

だから、男性の浮気がバレるのである。女性はその非言語的表現や小さな合図を見逃さないからなのである。
恐ろしいことである。

「なんかおかしい……」と男性の異変に気づくのである。合図など出したくなくとも出ちゃっているのである。
言わなくともバレちゃってるのである。
「俺は浮気してるゾ」「今、ホテルに行ってきた」「ちょっと女に会ってくる!」……などと妻や本命の彼女に宣言する男はまずいない。浮気をしているとか不埒な思いがある場合、人間は大抵嘘をつく。

「今日は残業で遅くなる……」「今度の休日も出勤になった」「日曜は接待ゴルフなんだ」「昨夜は上司につかまっちゃって遅くまで飲みたくない酒飲まされちゃってさぁ……」などなど。

しかし言葉ではうまく嘘をついているつもりでも、完璧に隠せたつもりでも女にはそれを見抜き見破ることが可能。口からでなくともしっかりボロが出ているのである。目は口ほどものをいう……有名な「メラビアンの法則」もある。アメリカの心理学者アルバード・メラビアンが1971年にコミュニケーションを扱う実験結果により提唱した法則である。メッセージが発せられたときの人の受け止め方、印象や情報量である。
 
・視覚情報(Visual:見た目・表情・しぐさ)→55%
・聴覚情報(Vocal:話の早さ・大きさ・口調)→38%
・言語情報(Verbal:言葉・話の内容)→7%

「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」の頭文字を取って「3Vの法則」ともいわれている。

“視覚情報”は聴覚・言語情報をはるかに上回っている。
人は話す・聞くことよりも“見た感じ、目に入るもの”で情報を得て判断していることが多いのだ。視覚情報は半数以上も占めている。

相手の話なんかより自分の見た目を信じるのである。人間にとって“非言語的コミュニケーション”がいかに重要なポジションにあるかということか?

しかも女は、前記事で説明したように、この“非言語コミュニケーション”や“非言語表現”を読み取るのが好きなのである。赤ちゃんから男性に至るまで…女の洞察力や観察力をあなどるなかれ!

男の嘘や言い訳など、表向き建前の言葉などそれこそ“目”じゃないのである。なぜなら“目は口ほどものをいう”のだから……。男が言わなくとも表情や仕草、ジェスチャー、視線、目の動き、声の感じ…間のとり方、
気を抜いている日常生活のありとあらゆる部分から、男の様子や状態、状況などがわかるのである。

言葉など使用しなくとも、うまく隠してるつもりでも妻や女に対してあらゆる情報をいつのまにか提供してしまっているのである。人は嘘をつく時や、やましいことをしようとしたり、する時は不自然な動きや表情をする。本人は気づかなくともこの小さな動きや非言語的合図に女は気づく。

いつもとなんか違う……なんかオカシイ……。この女の直感、第六感はたいていビンゴなのである。証拠隠滅やアリバイ工作をぬかりなくやったとしても、女が怪しいと踏んだら大抵の男性は犯行に及んでいる。

私の知り合いに探偵事務所をやっている人がいるのだが、女性の依頼者の殆どがパートナーの浮気調査であり、結果は百発百中に近いそうだ。女性が「アイツなんか怪しい…グレーゾーンだ」と思えば“黒”! であり、
女性が「黒だ」と疑えば、絶対“黒”なのだ!探偵など雇わなくとも女は名探偵コナンであり、刑事のごとく尾行したり張り込みなどしなくとも疑った男は「ホシ」なのである。

故に……男女ともに…この“非言語的合図”はうまく使いこなさねばならないのである。
(神崎桃子)
1

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ