喧嘩がヒートアップすると、男性はなぜ「無視」をするの?

女性との喧嘩がヒートアップすると、男性がときどき発動する手段が、「無視」。これをされると、「なんで黙っちゃうの!?」と、さらに女性は怒りを感じてしまうものですが、いったん口を閉ざし始めると、一切の反応をしなくなり、会話を断ち切って喧嘩を終わらせてしまう……という男性も少なくありません。これは、何故なのでしょう?

「無視」の際、男性の心拍数は急上昇!


ワシントン州立大学のジョン・ゴッドマン博士の調査によると、男性は、喧嘩がエスカレートすると心拍数があがり、「無視」という行動に入る直前には、心拍数が100を超える状態になっているそうです。人間の身体は、心拍数が100を超えるとアドレナリンが大量に流れ出し、血液の流れが速くなったり、血圧が上昇したりします。こうなると、知的な反応や理性的な判断ができなくなってしまい、他人と普通のコミュニケーションができない状態になってきます。

また、そのように興奮している男性の心の中では、「やり返してやる!」とか「こんなこと言われてたまるか!」といったような、非常に攻撃的な感情を抱くことが多いことも分かっているそうです。こういった“攻撃性”は、進化の過程で男性に強く身についてきたもの。原始時代、男性は狩猟を役割としていたので、獲物や敵への注意など、常に「警戒心」を働かせている必要がありました。そのために、何かあると、男性の身体は素早く「警戒モード」に入り、攻撃に移れるように適応して進化しており、一旦そのモードに入ってしまうと、長時間持続され、なかなか解除されないそうです。

これ以上、攻撃しないための「無視」


上記をまとめると、男性は、激しい(言い)争いになると心拍数があがり、「警戒モード」に入っていく。さらにヒートアップすると、元来の闘争本能に火がつき、攻撃的な感情が増して、完全に「戦闘モード」になってしまう。このままいけば実際に女性を攻撃してしまう……という状態にまでなると、男性は、ギリギリのところで女性に手を出すのを回避するために、「無視」という行動に出て、コミュニケーションを断ち切ろうとする場合がある、ということですね。

つまり、男性の無視は、「これ以上の喧嘩は無理、危険」というサインである可能性があります。男性に黙られてしまうと、さらに責め立ててしまう女性も多いですが、後日、冷静になれる機会を見計らうことにして、それ以上には追いつめないようにしたほうが、お互いのためなのかも(!?)しれません。

女性の“口撃“は、うまく読み取って


とはいえ、女性は、この「無視」をされることが非常に苦手で、内心とても傷つく方が多いです。大事な内容での言い争いにおいて、「無視」という態度を取られたために、「拒絶された」と大きなショックを受け、以降、相手に心を開けなくなり別れてしまった……という症例もあります。無視は、心が離れる大きな原因となる可能性もありますので、できればそこまでになる前に、喧嘩をおさめたいものですね。

女性の愚痴や不満などの「言葉」での批判、いわゆる“口撃”を受けると、男性は「自分を否定された」と感じ、応戦モードに入ってしまいがちですが、これは、よくよく聞いてみると、「きちんと話を聞いてほしい」だけだったり、寂しさの延長だったり、相手に「何かをしてほしい」と言えずに、貯め込んでしまったストレスの結果だったり……ということも多いです。女性の“口撃”は、男性同士の喧嘩のような、「相手をやりこめてやる、言い負かしてやる」といった意図の“攻撃”ではない、ということですね。

ですので、男性は、女性と口論になった際、「責められた」と感じてすぐに反撃するのではなく、できれば少し冷静に、女性の伝えたい本質を汲み取ってあげるよう、ぜひ心がけてみてください。もちろん、女性のほうも、“口撃”ではなく、なるべく素直に想いや不満を伝えるよう、努めることも大切です。喧嘩がヒートアップしそうになったら、男女にこんな性質があることを、ぜひちょっぴり、思い出してみて下さいね。
(外山ゆひら)
1

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ