彼氏と夫の間で心が揺れている時は……

つぐみ恋愛相談所の橘つぐみです。

ちょっと前までは「浮気は男の甲斐性だ」と言われていました。
しかし、今は案外そうでもないようで、夫以外の男性とお付き合いしている人妻も、少なくはないようです。ある大手探偵業者のデータによると、独身女性の60%、既婚女性の80%くらいが、そういった経験があるとのこと。

「男はエヴリワンを求め、女はベストワンを求める」
とは、よくいったもの。
女性は男性に比べて、一人の男性を好きになると「他の男はイラナイ」となりやすい性質です。
困ったことに、結婚外恋愛の彼を好きになりすぎると、
夫は「イラナイ」とか「生活のために仕方なく一緒にいる」となる→夫も何となくそれに気づく→家庭がぎくしゃくする
という、典型的な家庭崩壊のスパイラルをたどることが多いです。

ですが、ちょっと待ってください。
婚外の彼は、本当にベストワンなんでしょうか?

心理学では、カップルの関係性を、このような段階に分けています。

1.ラブラブ期。相手の全てが愛しいと思える時期
2.お互いの悪いところも目につき、ケンカも起こる時期
3.お互いの性格がわかりきったように思い、諦めてしまう時期
4.更なるラブラブ期

婚外恋愛に走っているカップルは、3番目の「諦めてしまう時期」に突入していることが、ものすごく多いです。この時期は、相手の性格の全てがわかったような気になってしまい、「あの人に何を言っても変わらない。いいや、お互いに家庭さえ壊さなければ」
という気持ちになってしまいがち。
それに対し、婚外の彼は1か2ぐらいでありますから、相手の全てがステキに見えてしまうのは当然のこと。

本当いうと、3のステージにいるカップルは、相手に諦めたりせず「本当はどんな関係でいたいのか」よく考えて、それを相手に伝えるのが大切。もちろん、1回や2回で完璧に伝わることはないと思いますが、とにかく諦めないこと!
ここを超えると、4の「更なるラブラブ期」の関係へと移行できます。
この段階は、1の「ラブラブ期」の数倍結びつきが強いもので、いわゆる「年をとっても仲の良い夫婦」という感じになります。二人で問題を解決してきた分、よりお互いが「なくてはならない存在」になるのですね。

これを読んでいる中には、ご主人以外の彼に心も体も奪われている状態の方が、いるかもしれません。
ですが「彼と夫では、ステージが違うのだ」という事実を、心のどこかにおいておきましょう。そうすれば、本当に大切な人を失わずにすむのかもしれませんよ。
(橘つぐみ)
1

この記事を書いたライター

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ