ボーダーを着る女は本当にモテない!? ボーダーを恋の味方にする!

ついこないだまで、ボーダーを着る女子はモテないという見出しの本が流行り、ファッション業界では、売れ行きに大打撃!? 女の子にはお財布に大打撃!?

筆者はボーダー女子です。モテないといわれてもボーダーを着ます。でも筆者はボーダーを着たかといってモテなかったことはありません(自画自賛ではなく)。

なぜボーダーを着てモテなかったか? それは「ボーダー」のアイテムを選んだからではありません。ボーダーに非はないので責めないでください。ボーダーに合わせるアイテムが悪いからなのです。

いわゆる「ボーダー」を着てモテなかった人のコーデは、

・ボーダートップス
・デニム
・スニーカー

こんなのボーダーじゃなくてもモテません。

そもそもボーダーはマリーン(海兵)のファッションからきています。つまりメンズの象徴であるから、フェミニンアイテムではないのです。なのに、そこにデニムやスニーカーなどのメンズライクなアイテムを選んではいけません。

ボーダーはガーリーアイテムで制する!


ボーダーがメンズライクなアイテムだと説明しました。ということはどこかで“女らしさ”を加えないといけません。そこで、いつも合わせがちなボトムスをスカートにする、パンプスを合わせる、女らしいアクセサリーなどを投入してみましょう。メンズライクとガーリーは実はとてもよく合うジャンルでなおかつオシャレに見えちゃいます。

肌みせを入れる


ボーダーであってはならないのが全ての肌を隠すこと。ボーダーは膨張して見えやすい分、どこかで引き算をしなくてはなりません。Vカットのトップスを選んだり、ボトムスをショートパンツにする、ボーダーの上に重ね着をしないなど、野暮ったくならないように注意しましょう。

アクセサリーでボーダーから目を散らす!


ボーダーはインパクトのある柄です。そのまんまだとボーダーに目が行きがちで、主張が激しくなるので、アクセサリー、特にネックレスを取り入れましょう。オススメなのがロングパール。華やかさ、女性らしさに、パールを入れることでカジュアルなボーダーがグッと上品になります。ロングのクロスネックレスや、華奢なゴールドのネックレスでもいいでしょう。

今年はボーダーのスカートや、シャーベットカラーの柔らかい色のもの、ワンピースも出ているのでそれらを取り入れれば、コーデが難しいって思う人でも一枚で十分“モテるボーダー”になりますよ。

ボーダーに非があるのではなく、「これでいいや」というコーデを考える時間をめんどくさがったことがモテないボーダーを作っているのです。合わせ方を間違えると野暮ったい、まさに、「ウォーリーを探せ!」のウォーリーのように影が薄くなります。ボーダーはほかのアイテムと合わせやすい長所を持ってる代わりに、個性が引き出しにくいのが難点です。それが“モテない”理由になっているのをお忘れなく。

可愛くボーダーを取り入れ、今年の夏はマリンガールでモテを目指そう!
(エルメス)
1

関連記事

今、あなたにオススメ