ほら吹き姉さんになろう!

「言ったもん勝ち」という言葉があるように、どうやら世の中は発言しておけばいいことがあるようです。

将来の夢、こんな風に暮らしたいという理想、実現しそうにない妄想。ばんばん口に出してしまいましょう。気分がすっとしますし、周囲からは前向きな人と思われますし、うっかり思わぬサポートがさしのべられることも。

もちろん「馬鹿なこと言ってないで」とか「脳天気な人はいいね」と白い目で見られることもあるはず。ですが、そうやって自分の気持ちを抑えつけていると、心にフタをしたままあっというまにおばあちゃんになってしまいます。

もちろん、変に中傷されてもつまらないので、だれかれ構わず言う必要はありません。少なくとも気心の知れた相手には、大言壮語気味でいいのです。

今の仕事、こんな風になったら最高なのに。こんな彼とつきあえたらいいなあ。こんな場所に行けたらうれしいなあ。

そうやっていつも明るい「ほら吹き姉さん」になってしまえば、後ろ向きな愚痴をこぼしたりする暇なんてないはずです。少々「痛い人」と思われても、本人がハッピーならそれでいいのです。

いつも夢みたいなことを言っている脳天気な人と、いつも暗い現実しか指摘しない自虐的な人。どちらの周りに人が集まってくるかは、自明の理と言えるでしょう。

楽しいほらを吹いていきましょう!
(五百田達成)
1

関連記事

今、あなたにオススメ