「ぽっちゃり」ブーム、どう思う? 女子の「やせ願望」を考える

夏が近づき、ダイエットに励む女性も増えてきました。しかし、これとは逆に、“ぽっちゃり女子ブーム”が、最近メディアで沢山取り上げられているのをご存知ですか? 「カワイイ、柔らかそうでいい、実は嫌いじゃない」といった男性たちの支持や、アジアンの馬場園さん、柳原可奈子さん、北陽の伊藤さんなど、“可愛いぽっちゃり”だと評価されるタレントも数々。昔は「太ってしまうと市販の洋服が着られず、オシャレができない」なんて悩みも多かったようですが、ぽっちゃり専門のブランドなども登場し、“オシャレぽっちゃり女子”も増加しているそうです。

太るのは進化的に仕方ないこと。だからこそ……!?


“ぽっちゃり女子”支持派に、良い点について尋ねると、柔らかそう、母性や包容力を感じる、安心感がある、キャラクターみたいで可愛い……などの声が挙がっています。他にも「一般的な価値観に媚びず、自分の個性を確立して明るく生きていて良いと思う」という声や、中には、「ご飯をつい沢山食べちゃうような、自分に甘い感じが何だかホッとする」なんて意見も。ダイエットや自分磨きの努力に燃え、ランニングしたり食事制限をしたり、という“完璧系”の女子よりも、多少太っていても、美味しそうにご飯を食べ、幸せそうに暮らしている感じの女子のほうが安心する……とのことでした。

確かに、進化の歴史から見れば、「美味しいものに目がない」「食べ過ぎて太る」ことは、人間のとても“自然”な摂理です。いつでも十分に食べられるようになったのは、ごく最近のことで、しかも今でもそれは先進国だけの話。長い生存競争の歴史の結果、「食料があるときは、お腹いっぱい食べようとする」、「糖分や塩分はできるだけ摂取し、脂肪も身体にたっぷり溜め込んだほうが生き延びる」という身体の仕組みになっているのですね。しかし、「本能のままに食べていると、身体に悪影響を及ぼす」ことが様々な研究から分かってきたため、現代の、食料に恵まれた国の人たちは、『意識的に、禁欲的な努力をしなければ、健康的な身体を保てない』という状況に。

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ