「若者の恋愛離れ」の理由は恋愛バリエーションの広がりにある

「若者の恋愛離れ」その活字をなんど見かけたことか。巷にはその原因についてのたくさんの憶測が流れ、マスコミでも騒がれていますね。私も考えずにはいられない1人で、日々模索中でありました。

そんな中、先日、社団法人ASブランディング機構の主催による「未婚化対策研究会」に、理事長で離婚式マナー講師をされている田中あづみさまからのお誘い頂き、参加して参りました。世情の動きを把握して置きたいのはもちろんのこと、未婚者が増えている原因を自分なりに探究してみたいことと、ゲストとして呼ばれている離婚式プランナーの寺井広樹さまのお話しを聞いてみたかったからです。

会で興味深いお話しを聞くことができた私は事務所に帰り、早速今まで調べた資料や新しい文献などを重ね合わせながら日本の家族形態や結婚形態、離婚率などについて調べてみました。そして、調べて行くうちに、未婚や離婚問題以前の『若者の恋愛離れ』の要因として考えられる自分なりのある考察に辿り着いたのです。

今回はその考察とはなにか?を、順を追ってご紹介させていただきます。離婚式については別の記事にてご紹介させていただくとして、まずは日本の家族形態の歴史から。

「核家族」は古くからの日本の家族形態


現代社会は核家族化が進む問題が注目を浴びていますが、この「核家族」化が戦後に広がったとの認識は少々誤りがあるらしく、日本はもともと古くから長男が残り次男以下は独立するという「直径家族」が多数派であり、戦後の核家族化とは、それまで親元に残っていた長男も独立して核家族を作るという傾向を表したものであるとのこと(出典:ウィキペディア)。

日本の場合、核家族率そのものは1920年に55%とすでに過半数を占めており、1960年代に急激に上昇したものの、1975年の約64%を頂点としてその後は徐々に低下し始めているそうです。

1975年以降、単独世帯やシングルマザー&ファザー世帯が急増している


1975年から核家族が減少傾向になった背景には、医療の発展により平均寿命の長寿化が進み、特に高齢者の単独世帯が急増したことが関係しています。

厚生労働省のホームページにリンクされている厚生労働白書の総務省統計局『国勢調査』と国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計」によると、「夫婦2人のみ」の世帯も増加傾向にありますが、「夫婦と子」の世帯は減少傾向にあり、反対に「ひとりの親と子」のシングルマザーやシングルファザー系の世帯が増加傾向にあるようです。つまり、超高齢化社会へ拍車がかかっていると同時に、離婚率も上がっているということですね。(出典:厚生労働白書 第3節 家族・職場・地域社会などとの関係の変化

幅広い年代層に恋愛活動が広がりバリエーションも豊富に


少子化による子どものいない夫婦2人と、離婚によるひとり親と子のシングルマザーやシングルファザー世帯が増えているのであれば、当然、男女の恋愛市場の恋愛形態にも連動して変化が見られるようになるでしょう。医療技術の発達により人間の寿命が延び、文化的な営みを心身ともに末長く謳歌できる余裕が生まれれば、幅広い年代層に渡り恋愛活動の場が広がっても不思議ではありません。つまり、「恋愛は若い世代だけの特権ではなくなってきた」と云えるということです。

ただし、それは恋する感性を磨く活動に限りという範疇のお話し。純粋に生殖可能な活動期間という観点から見れば、やはり年を重ねれば重ねるほど出生前や出産時、出産後のリスクは男女ともについてまわるようになります。生物学的に子孫繁栄の期間が限られている女性も、出産時のリスクが医療技術により軽減されたかのようにも見受けますが、出産するのは女性自身のカラダです。精神的にではなく、身体的な面で考えれば間違いなく若い方が良いのです。
1
2

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事