ジュースの飲みすぎ注意!? 肌やカラダを老けさせる“糖化”を防ぐには?

“糖化”という言葉をご存知ですか?お肌の“酸化”はよく聞きますよね。

酸化とは、呼吸や紫外線、排気ガス、喫煙、ストレスなどで発生した活性酸素がお肌やカラダを錆させて老化を進めてしまうこと。

これらを防ぐ為には、ビタミンやミネラルに多く含まれる抗酸化物質を摂ると良いと言われています。

“糖化”とは……


今回、取り上げたいのは“糖化”。糖化とは、体内にあるたんぱく質と、食事によって摂取し余ってしまった「糖」とが結びつくことで、糖化したたんぱく質が生成され、体内に蓄積してしまうことです。

“糖化”が肌に及ぼす影響は?


肌が糖化状態になると、コラーゲン線維の弾力が低下して肌のハリ感が弱くなったり、たるみの原因につながることもあるそうです。

また、肌のターンオーバー周期も延びるので、肌が生まれ変わる代謝機能が低下する原因にもなるとか。甘いもの=太るのは認識していましたが(とはいえ、やめられない)お肌にも影響がでる可能性があったなんて(涙)。

“糖化”はカラダにも影響が……


糖化されたたんぱく質はお肌だけでなく、カラダや血管にも影響を及ぼすのだそう。その結果、糖尿病などにもつながるのだとか。そういえば、若い人に糖尿病が増えているという話はよく聞きます。もしかしたら、かつての“お砂糖は貴重”だった時代から、ちょっと手を伸ばせば甘いジュースやアイスが簡単に手に入る現代、そんな時代背景があるからかも知れません。

“糖化”を防ぐためには?


それでは、この“糖化”を防ぐためにはどうしたら良いのか? まずは、当たり前なのですが“糖分を摂りすぎない”こと。暑いからといって、ついついお砂糖のたっぷり入ったジュースを一気飲みしたり、アイスクリームをほうばると一気に血糖値が上がり糖化への道をダッシュすることに。どうしても甘いものが欲しくなったら、ドライフルーツや果物で補うようにしましょう。

とはいえ、やっぱり美味しいケーキも食べたいの! というワガママな私のような方は、体内の糖分を余らせないようカロリーを消費させましょう。つまり、運動ですね。運動もなかなか面倒くさい!という、グータラな私のような方は、抗糖化食品の摂取がオススメ。

●食物繊維の多いもの
食物繊維は糖質の吸収を遅らせ、食事メニューのGI値を総合的に下げてくれます。ゴボウ、サツマイモ、切干大根、ホウレン草などの野菜をメインの食事の前に食べることが大切です。

●カモミールなどのハーブティも効果的
ローマンカモミールには糖化を防ぐ働きがあるそう。他にも、ドクダミみや西洋サンザシ、甜茶なども糖化抑制に効くと言われています。ついつい砂糖入りの缶コーヒーを手にしてしまう方は、今日からハーブティにしてみませんか?

●お酢やレモンを上手く取り入れて
お酢やレモンなどの柑橘類には糖質の吸収を抑えてGI値を下げる働きがあるといわれています。食事に酢の物を加えたり、レモンや柑橘類を使ったドレッシングなど、日頃のお料理に上手に取り入れてみてください。

最後に


というわけで、“糖化”を知るとお砂糖を摂るのがちょっぴり怖くなってしまいそうですが、何事も“バランス”が大切。糖分は脳の働きのエネルギー源でもありますからね。ただ、だんだん暑くなるにつれ、ジュースやフラペチーノ、アイスクリームが食べたくなる季節、思わず飲み過ぎ(食べ過ぎ)ちゃった! という方は、その後の対策を忘れないで。健康の為にもフルーツなど“自然の甘み”中心の生活がオススメです。
(ミカマイコ)

この記事を書いたライター

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡