マザコンな男性、結婚すると大変ですか?

「優柔不断な男はマザコンが多いってホント?」という投稿が寄せられました。トピ主さんの身近に、いわゆる“マザコン”な男性がおり、彼の優柔不断な性格も、婚期が遅いのも、そのせいではないか、とトピ主さんは感じるそうです。友人や恋人間ではそこまで気にならなくても、「結婚」するとなると、大きな悩みの種になってくる、この“マザコン”問題。今回は、そんな「マザコン男性」と結婚について考えてみました。

「父親不在」だと、マザコンになりやすい?


まず、「マザコン」の成り立ちを簡単にお話していきますね。幼児期の男の子は、ママが世界じゅうで一番大好きで、当然ながら、ほとんどの男の子がママにべったりですね。この「ママが大好き!」という状態から脱し始めるのは、一般的には思春期です。この時期、密着した母子関係を断ち切って、子供の自立を促したり、世の中の厳しさを教えたりする役割として、『父親』の存在が重要になってきます。幼い男の子には、「父親を排除して、自分の母親を独占したい」という感情があると言われていますが、結局、父親には太刀打ちできないので、自分の感情を押さえ込み(この抑圧感情を、フロイトは『エディプス・コンプレックス』と命名)、同時に、「父親のように強い男になりたい」と願い、「男らしさ」も学んでいきます。他にも、男の子は、「父親とぶつかること」で困難や葛藤に立ち向かい、男子特有の「攻撃性」を処理する方法を学んだり、父親から褒められ認められることで、社会へ出て行く自信を持てるようにもなります。

トピ主さんの言及されている男性の家庭は、父親の力が弱い、と書かれています。母親と息子の濃密な関係に割って入ってくる父親がいない、もしくは、その存在感が薄い場合、『母子一体』という状態が続き、男の子が自我を確立できにくい、という一面は確かにありますが、母子家庭でも、十分に子供が自立を遂げていく家庭も、沢山あります。また、父親不在でも、おじいちゃんや近所のおじさんなど、身近な大人の男性が、代わりの役目を務めてくれている、という場合もあります。

「心理的な親離れ」ができていない?


結局、マザコンとは「親離れ」ができていない、ということなのですが、マザコンな男性が男女間でよく問題になるのは、経済的な面だけではなく、特に「心」の面で親離れができていないから、という理由が大きいです。子供の成長段階には、「まだ親に甘えていたい気持ち」と「親から自立したい気持ち」が心の中で葛藤する時期があり、こうした自立への準備期間を経て、環境だけでなく、心理的にも親離れをしていきます。ホリングワースという学者は、これを『心理的離乳』と表現しており、以下の2段階で説明しています。

・第1次心理的離乳……中学生頃、最初の“反抗期”。親と行動することや親への依存をやめようとする。親への感情的な『反発』がある。
・第2次心理的離乳……大学生くらいの頃。自立したいという思いが強くなり、親との接し方に迷う。親とは違った価値観、生き方を確立しようと模索し、批判的な態度をとりがちになる。親への心理的な『抵抗』がある。

この2段階を経て、その後、子供は“親に守られる存在”ではなく、“自立した一人の人間”として、親と向き合うようになります。親の良いところや悪いところも受け入れられるようになり、親を助けたり、力を合わせたり、対等な個人として付き合うことができるようになるのですね。通常、子供が社会に出て、結婚なども考える年齢には、親との関係性もそのように安定をしてきます。「親との関係性」を見れば、その人の(精神的な)自立の度合も、ある程度分かると思います。S
1
2
3

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡