「ママが働くこと」、子育てに好影響もアリ!?

「働くママ」の大変さは、想像以上。スケジュールや肉体的な大変さだけでなく、「職場に迷惑をかけている」というストレスや、「子供にとって悪影響なのではないか……」という心配要素を精神的に抱えている方も少なくありません。しかし、発達心理学のこれまでの研究によれば、「ママが働くこと」による、子育てへのデメリットは特に見当たらず、むしろメリットにもなりうる影響もあるのだとか。今回はそのあたりの研究をご紹介いたします。

子供へのデメリットは特にナシ!? メリットとは?


まずは具体的なデータから。5000人の子供について、生後4ヶ月から小学校入学までの6回、定期検診を行い、心身の発達状況を追跡研究したレポートがあります(『乳幼児の心身発達と環境-大阪リポートと精神医学的観点』 名古屋大学出版会/服部祥子・原田正文)。これによると、「母親の就労の有無や就労形態は、子供の心身発達のどの面についても、差をもたらさない」ということが判明。要するに、ママが働くことによる、子供への悪影響は特に見当たらなかった、ということです。さらには、「ママが働いている子供のほうが、独立心が高い」といった結果も出ており、要するに「ママが働いていると、しっかりした子供が育ちやすい傾向がある」ということになります。このことをメリットと感じるかどうかは親御さんによって差があるでしょうが、子供の将来にとっては好影響だ、と感じる方もいるでしょう。

とはいえ、そう一元的な問題で捉えられないのが、この問題。子供への直接的なデメリットは数値として表れなかったものの、「母親にとって、働くことがストレス過多になっているとき」「家族との関係が悪化しているとき」「養育条件が悪いとき」などの条件下では、別の影響が出てくる可能性も示唆されています。女性も社会で働くほうが、大きな目で見れば、確実に社会全体の為になると考えられますが、「環境」がそれを阻んでいることが多いのも現実です。「仕事と家庭の両立」を、社会、子供、父親母親、みんなのメリットにしていくためには、会社や社会の『条件整備』が何よりも不可欠、ということになってきます。

「仕事と家庭の両立」のプラス面・マイナス面


さて、皆さんは普段、何らかの「役割」を生きています。独身で一人暮らし、という場合、主に担っているのは『職業役割』のみになりますが、結婚し、子供や親など家族ができると、『家族役割』というのが加わり、多重役割を生きることになります(細かく分けると、「配偶者役割」「親役割」「家事役割」「老親介護役割」などがある)。担う役割が多ければ多いほど、大変なのは想像がつきますね。多重役割を担って生きることは、果たして「充実」なのか、「疲弊」なのか。学者たちからも賛否両論があるようです。

(1)「両立はマイナス」意見(『欠乏仮説』)……時間とエネルギーには限界があるので、役割が多くなりすぎると、各役割に割ける時間とエネルギーは減少し、「役割感の葛藤」が増加。負担感、疲労感、抑うつなども高まり、幸福感は低下する。

(2)「両立はプラス」意見(『増大仮説』)……多重役割は人間のエネルギーを大きくさせる。全体的にも地位が向上・安定し、ネットワークが広がり、役割遂行の資源が蓄積されるので、役割従事者の「満足感」や「幸福感」を高め、抑うつ、不安、精神的不健康を低める。

介護疲れや子育て疲れが原因で、といった事件もよく報道されていますので、確かに多重役割がマイナスになってしまうケースもあるのでしょう。「仕事と家庭の両立」を充実した人生に繋げていくためには、まずは『環境』(就労環境や家庭環境など)。周囲のサポート環境が何よりも重要ということですね。さらには、本人やパートナーの性格、メンタル力によっても向き不向きがあると言えるかもしれません。
1
2

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡