匂いとエッチの因果関係? 匂いの元は自分で消し去ろう

朝の満員電車……。おっさん臭とポマードの臭いでげんなりしたことはないだろうか? キツイ化粧の匂いや香水もいただけないが、タバコの匂いと加齢臭のミックスだってキツイ。特にエレベーターや満員電車など個室に押し込まれた時に避けようのないのが匂い。悲しいかな好ましくない香りを嗅ぐと誰でも不快になり気分はブルーになる。またこの時期は汗をかくことも多くなり、これまた放つ体臭もタダモノではなくなる。濡れたゾウキンをそのままずっと放置してしまったような匂い……側で息をしなければならない者にとってこれは辛いなんてもんじゃない。

それなりの体臭対策をしてればいいのだが、無防備に自分の匂いや汗への対処をしていなかったり……、また一番困るのが自分の臭さがどのくらいのもんだか自分の匂いに全く気づかない場合である。女性は意外と匂いに敏感であり、ある程度は体臭対策している人は多いが、男性は匂いにさほど敏感ではない。この香りに敏感な女性にとっての悩みは、“相手の匂い”である。

そう、自分の放つ香りでなくパートナーの放つ香りに困っている女性は多い。特に華麗臭でなく“加齢臭”! ただの汗臭さならシャワーやお風呂に入れば汗臭さは拭えるが年中“加齢臭”が漂うのは厄介である。

中年を過ぎるとそろそろ香ってくる頃である。(※人によっては20代から香るケースも)

加齢臭はノネナールという物質が匂いの原因であり、男性は皮脂の分泌が多く男性ホルモンとの関係で女性よりも早く、そして強く匂うのだ。

私は30代から50代の女性達を集めて聞いてみた。

●パートナー(夫、恋人、愛人)が匂うか。またその匂いが気になるかどうか?

「男の匂い」と聞いて皆、めちゃくちゃ食らいついてきた。
やはりパートナー、相手の年齢が40代以上の人達は匂いを感じるしとても気になると答えた。
……が、「うちの旦那、7歳も年下なのよ。私には関係ないわ」と鼻高々に答えた奥さんがひとり。これから相手をみつける女性には年下の夫がお勧めのようだ。

●加齢臭なる、その匂いとはどんな匂いか?

「ロウソク!ロウみたいな匂い」
「古い油のような匂い」
「チーズ、ブルーチーズみたいな匂い」
「発酵しすぎた食品の匂い」
「古本の匂い」
などなど。
“古い油”という表現が一番多かったが、歳を重ねていくと古い油から古本の匂い、かび臭さへと移行していくようだ。匂いも年齢の経過ともに変化する。おじいちゃんになるとずっと開かれない、かび臭い古本の香りが漂うのか?

●その気になる匂いを相手に伝えたか?

「もちろん伝えた」との答えは多数だったが、相手が旦那でない場合は伝えていなかった。長年連れ添って家族になっている場合は言いやすいが結婚していないと言えないことが判明。

●なぜ伝えられないか?

「相手を傷つけてしまうから」
「言いたいけどどう伝えていいのか分からない」
「本人に責任はないから」
など。
臭いより愛の方が少し優っているのか?
仕方ないとガマンしている状態である。

●一方、伝えた派に聞く。旦那にはどう伝えたか?

「ハッキリ『臭い!』って言い放った」
「ねぇ、なんか気づかない?」
「顔を会わせる度に『臭うんだけど……』と呟く」
「旦那のそばには寄らないようにし臭うことをゼスチャーしている」
など。

「アンタッ!この臭い嗅いでみなよっ!」と旦那の脱いだシャツを投げつけた恐妻も。
「近寄らないで」「あっち行って」うざがるように「しっしっ」とする奥さんも。旦那は犬以下か?

●それを伝えて相手の反応は? 気にするようになったか?

「『オレ、そんなに臭いか?』と寄ってきてわざと自分の体臭を嗅がせるの。開き直ってんのよ、ムカつく」
「旦那がファブ◯ーズを持って来て『俺に全身かけてくれって』」
1
2

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ