行ってみたい! 美しい日本のビーチTOP5は!?

8月に入り、週末には海や山へお出かけの計画を立てている方も多いのでは? そんな中、世界最大の旅行口コミサイト、トリップアドバイザーが先月発表したランキングが「日本のビーチTOP20」。

その中からTOP5のビーチをご紹介しましょう。

第5位:浄土ヶ浜 岩手県 宮古市


宮古山常安寺七世の霊鏡和尚が「さながら極楽浄土」と感嘆したことから名づけられたといわれた“浄土ヶ浜”。環境省からも水質や自然景観などが優れた全国の水浴場100ケ所=快水浴場のひとつとして選ばれ、さらに、特に評価が高い全国12箇所の特選に選ばれるほどの実力(!?)の持ち主。
東日本大震災の影響を受けてしまったものの、沢山の方々の努力によって海中のガレキ撤去も終わり、7月21日に海水浴場が2年ぶりに再開したのだそう。
近くの旅館やこの土地で暮らす方々も心温かくて、ファンの方も多いとか。

第4位:コンドイビーチ 沖縄県 竹富島


赤瓦屋根の民家や屋根の上に乗っているシーサーなど、沖縄の中でも沖縄らしい竹富島。自転車で一周できるほど小さいこの島の「コンドイビーチ」は八重山としても屈指のビーチ。私も行ったことがあるのですが、その透明感といい、青色の美しさといい言葉には表せません。可愛いニャンコ達も沢山お昼寝してたりするので、思いきり癒されますよ。

第3位:はての浜 沖縄県/久米島


久米島観光の象徴とも言える「はての浜」。実はここ、砂浜だけのきれいな無人島なんです。それゆえ? はての浜は東洋一の美しさとも言われるほどで、360°エメラルドグリーン海と真っ白な砂浜が美しい、まさに南国の癒し空間そのものだとか。ちなみに、「釣りバカ日誌 11」の沖縄編で、浜ちゃんがサバニに乗って漂流し流れ着いたのがこの「はての浜」。こんな風にテレビの撮影や音楽のPVやCMにも使われることが多いそう。

第2位:与那覇前浜ビーチ 沖縄県/宮古島


白浜の海岸が見渡す限り続く与那覇前浜は、その長さ、およそ約7km。しかも、その白い砂浜にはゴミがほとんど落ちていないというから驚きです。さらに、こんなにも綺麗な海辺にもかかわらず、嬉しい事にいつ行っても混雑していないそう。売店や食堂、レンタルグッズやアクティビティーも充実していて、カップル、ファミリー、グループすべての人達が気兼ねすることなく楽しめるのも魅力のひとつ。

第1位:ニシ浜ビーチ 波照間島


波照間島の北西部にあるニシ浜は、真っ白な砂浜とエメラルドグリーン海の美しい日本で一番南のビーチです。白い砂浜は足が埋まってしまうほど細かく、ソーダ色やエメラルドブルー、水色から青へと様々なブルーに変化する海は、ずっと見ていても飽きないと多くの方が大プッシュ。
こんな海にプカプカ浮きながら、青空を見つめていられたら最高ですね。

以上、トップ5のビーチをご紹介しましたが、やはり沖縄がほとんどでした。

ちなみに、6位以下はニライビーチ、阿波連ビーチとまたもや沖縄、8位に石川県の千里浜なぎさドライブウェイ、9位に北浜ビーチ、新庄海岸とこれまた沖縄。と、もうすぐにでも沖縄に行きたくなってきますが、今年はLCC(格安航空会社)も登場したことですし、前よりも行きやすくなっているかも!?

もちろん、ここに登場しなかったビーチでも美しいところは沢山! たとえ、アクティビティー無しでキラキラ光る透明な海を見るだけでも、心は癒されて元気になるもの。安全だけには気をつけて、お気に入りのビーチで豊かなひとときを過ごしてみてください(もちろんゴミは持ち帰りましょう!)。
(ミカマイコ)

この記事を書いたライター

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡