この夏、活躍してくれそうな暑さ対策アイテム

猛暑の続く最中、快適に過ごすための暑さ対策や工夫はしているだろうか?

まさか、節電が騒がれている中、「ウチは冷房ガンガン・ヒエヒエで過ごしている!」なんてそんなエコに反する行為をしてる……なんてないだろう。
また身体のことや電気代を考えてもクーラーだけに頼るのはいただけない。

しかし暑さに我慢したり無理して過ごしていたらそれこそ熱中症や機能障害を引き起こす。

炎天下や高温のもと運動したり出歩くのは勿論のことだが、熱中症は強い日差しに当たらずに室内にいれば大丈夫大ってものではないのだ。動かずじっとしていれば安心っていうわけではない。
熱中症は発汗機構や循環系に異常をきたして起こる。体温上昇、発汗停止とともに虚脱・けいれん・精神錯乱・昏睡などを起こし、生命の危険を伴うこともある。

事実、熱中症搬送者は近年増加の一途とたどっており、高齢者の方が熱中症で亡くなっている。

こまめに水分を撮ることが必要なのは皆知っているだろうが「喉が渇いた」と感じた時には身体は相当の水分不足になっている。特に室内では喉が渇いたと感じにくい。
「渇いたら飲む」「水分を欲したら飲む」ではなく喉が渇いてると感じなくとも定期的に少しずつ、何度も水分を補給しよう。

カロリーのことを考えると水かお茶だが夏場は特に汗と共にミネラルや塩分が失われることを考えると、スポーツドリンクなどを飲むのがオススメだ。
スポーツ飲料のように塩分や糖分が入ったもの方が吸収も早く、エネルギーに変換されるので夏場の水分補給には適しているともいえる。
残念ながら夏のビールは最高に美味しいがビールでは水分補給にはならない。ビールは利尿作用が高いので要注意!
(※ビールを飲むと摂取した水分量よりも、尿として体の外に出ていく水分の方が多くなり、水分補給どころかますます脱水状態に陥る。くれぐれもビールと水分補給は別個として考えて欲しい)

また、こまめな水分補給だけでなく、自分の身体を守るためにもう一つポイントがある。それは首! ネックである。首は手首同様、脈拍の取れる位置。脈のとれる位置は血管が皮膚に近いため、そこを冷やすと、冷却された血液が全身を巡り、全身がクールダウンにつながる。
首の部分には大きな動脈があるので首を冷やすのは医学的にも理にかなって効果的。

クールダウンにはよく“頭を冷やす”とか“オデコ部分を冷やす”ことも多いが、皮膚に近い血管がある脈がとれる場所、首元は冷却効果が大である。また、活動する日中には頭やオデコを冷やすより首の方が最適だ。
そこで、首を冷やすサマー・スカーフや首に巻くタオルの登場なのである!
首を冷やすタイプは保冷剤の首巻きもあるが、水で濡らすだけの首巻きタイプがお手軽でオススメ。
保冷剤タイプは凍らせる必要があり時間がかかるが、水に濡らすタイプならどこでも簡単に使用できる。また保冷剤のように首が冷たくなり過ぎる事もなし、軽いというのも嬉しいところ。
タオルタイプは頭に被ったり首に掛けやすくスポーツやレジャーには最適でいいが、(勿論自宅でも構わないが)オフィスにはちょっと不向き。
スカーフなら見た目にも恥ずかしくなくお店にだって堂々と入れるし電車にも乗れるし、会社でもどこでも使える。
実は私は暑さ対策に“首を冷やすことはいい”とは知りながらもスカーフや首巻きを敬遠していた。
ドラッグストアや店頭で売られているのを今まで何度も見かけたのだが、デザイン的にどうも使う気になれなかったのだ。しかし最近の首巻グッズやアイテムはどこの製品もデザインや見栄えが洗練さてきたし、スカーフは色も豊富で洋服に合わせやすいような品揃え。

……で、今年は私も購入してみた!
首に巻くだけで、手軽に涼感が得られるスグレモノ。「しろくまのきもち」である。
“しろくまのきもち”は日本製高分子吸水ポリマーを使用したエコ商品。ポリマーに含ませた水分をゆっくりと気化させることで皮膚表面温度を下げ、やさしい冷感を保つ。
心配になる首の締め付けも、安心リング(特許取得)を使えば、不意に引っかかったりしても、スルリと外れ『安全』……とのこと。
お値段もショップにより多少の違いはあるが600円前後、ということでフトコロにも優しい。
繰り返し使用可能だし、使いやすいし、心地よいひんやり感で、室内であれば長い時間でも効果が続く。コレなら冷房を弱めても仕事がはかどる……かも。

自分に合ったひんやりクールなアイテムをみつけ、上手くエコしながら今年の夏を乗り切ろう。
(神崎桃子)
1

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡