パジャマルックで外出してセクシーモテを狙う!

いまふつふつと話題になっているのが、なんとパジャマルック。パリコレやミラノでもハイブランドがこぞってパジャマみたいに見える
コーディネートをあげていた。

例年、流行の中心になっていた「パワー」系のファッションは遅れをとり、ゆるくてでもどこかアカ抜けているコーディネートが流行っているのだ。
モデルたちもこぞってパジャマルックだ。

秋口はシックに見えて楽に着れるパジャマルックで出かけてみよう。
筆者も、よくそれパジャマ?って聞かれるコーディネートをしていた。私のオシャレが進みすぎてみんながわかっていないだけ。
そのはったりが通用して安堵している。

あとパジャマルックは家で寝る、つまりベッドを想像しやすいのでエロい。
男にはセクシーだね!と好評である。

ぜひデートで着て彼のベッドでもパジャマをきて欲しい。

完全にパジャマではだめ


もちろん実際のパジャマを着てはしょうがない。パジャマを着るのではなく、パジャマっぽいがキーワードなのだ。
くれぐれも間違えてパジャマをきていかないように、周りに引かれる前にパジャマルックを理解しておこう。

ホワイトや、ベージュ、ブラック、ブラウンは上級


ホワイトは透けやすいが、キマるととてもオシャレ。すこし緩めのシルエットをチョイスしよう。
本人に合った色が一番なので色々トライすること。

上下同じ色でどちらかがゆるいシルエット


同じ色に揃えて、どちらかをゆるいシルエットにするとパジャマっぽく見える。どっちもゆるいシルエットにするのはかなり
上級。ブランドバックや大ぶりなアクセサリーを入れたり、ヒールを履いてパジャマから一歩でたコーディネートをしてみよう。

一つパジャマではないもの入れること


パジャマと差をつけるために、ヒール、ブランドバックなどを取り入れること。
ハットやサングラスなどでもいい。一つだけパジャマ以外の物を入れるとアカ抜けてオシャレになる。

実はパジャマっぽいものは昔からオシャレだ。チェックのシャツや、ペタンコのシューズ。
長い丈のワンピース、ネグリジェのようなキャミソール。

女の日常は男にとっては、非日常。

「非日常」をまとって、ミステリアスガールになろう。セクシーな秋はすぐそこ。
(エルメス)

関連記事

今、あなたにオススメ