前田敦子さんがキレイになった理由!? 『手技道』を体験!

前田敦子さんAKB卒業報道。各メディアが大々的に取り上げるなか、「あっちゃん、以前よりキレイになったね」という声が沢山聞かれました。巨大なプレッシャーから開放され、表情が穏やかになったから、ということもあるでしょうが、実は、彼女は努力の人。見た目や体型管理への意識の高さもAKB内随一で、篠田麻里子と共に「AKBのストイック仲間」。篠田さんも、「こういう仕事をしている以上、ある意味で“商品”なのだから、できるだけ自分自身を磨くのは当然のこと」、と高い美容意識を語っています(卒業フォトブック/講談社より)。

一般の私たちは「商品」ではありませんが、自分自身のため、そして素敵な男性に選んでもらうため、「自分の“美”をできるだけ磨きたい!」と思っている女性はとても多いはず。どんなに元々が美人でも、ある程度は手をかけて磨き続けなければ、加齢と共に“見た目”は錆びてしまうもの。様々な情報が氾濫するなか、自分の性格や体質に合っていて、かつ続けられて、効果の大きい方法を見つけることが、何よりも重要です。皆さんは自分なりの“美キープ術”、見つけていますか?

かなり痛い……でも即効性アリ!?


さて、そんなストイックなAKBの2人が見つけた“美キープ術”として、ブログや著書で何度となく絶賛し、紹介しているのが、小顔術としても有名な『手技道(しゅぎどう)』という治療院。通っている著名人やモデルさんも多く、テレビや雑誌等のメディアでも度々、取り上げられています。前田さんは、現在も時間があれば週2〜3回ほど通い、疲れで曲がらなくなった首を治したり、撮影前などには、顔や身体の“調子をあげて”いるそう。数ある美容整体のなかでも、トップアイドルがここまで熱心に薦める治療院、「彼女が最近キレイになった秘密は、ここにもあるのでは!?」と興味が湧き、早速どんなものか、体験してきました。

場所はマンションの一室。数部屋が畳張りの和室で連なっており、アットホームな印象です。「治療院」と名乗るとおりの雰囲気なので、いわゆるエステやスパ系のマッサージのお店と考えて行くと、イメージはかなり違うと思います。受付を済ませ、まずは、白衣をきた担当者の方に全身を見てもらい、顔や身体のどこが歪んでいるかの診断を受けます。著者の場合は、小顔整体よりも身体各所の歪みを矯正したほうが良さそう、と指摘され、全身のコースに決定。

「めちゃくちゃ痛いけど、効く」という前評判は聞いていましたが、確かにかなり痛い! 痛いマッサージは割と平気なほうでしたが、お腹や脇の付け根など、普段あまり触らないような部分を強く押されるのは、やはりかなり強烈な痛みでした。手技道は、そもそも「痛み」を引き起こすことで脳に刺激を送り、健康な状態に“戻す”よう司令を出させる、という考え。「治るための、必然の痛み」と考えると、不思議と痛みもちょっと快感にもなってくるので、“M”な性格の方はハマるかもしれません(笑)。著者の場合は、頭、肩、そして特に足首が特定の方向に曲がらず、凝り固まっていると指摘され、ここには、さらに入念な痛み刺激を注入されました。

最後に、追加で「院長しかできない」という顎の歪みも直してもらい、1時間程度の施術が終了。足首をほぐしてもらったからか、帰り道の歩きやすさは驚くほどでした。首や肩は、2〜3日間、強いピリピリした痛みが残りましたが、これが引くと一気に軽くスッキリ。凝りすぎて盛り上がっていた肩が、見た目にも分かるほどに通常の状態に戻っており、たった1回での「即効性」を実感しました。

本やDVDもオススメ!


今回は、美容よりもまず健康、という治療になりましたが、美脚、小顔、痩身といった美容系の施術も充実しています。とはいえ、やはり芸能人御用達ともあって、標準的な整体などよりは少々高額。「高くて通えないな……」という方には、本、もしくはDVDを見ながら自分で実践もできるので、オススメです。DVD付きのものと、治療院でも使われている施術棒がついたものの2種類がAmazon等でも発売されています。

全身のケアは、やはり実際にプロの手を借りなければ、という感じですが、小顔術については、本やDVDでも効果が結構感じられるだろう。ちなみに本に付属している施術棒でのマッサージは、かなり気持ちいいので個人的にオススメです! 気になった方は、ぜひチェックしてみて下さいね。
(外山ゆひら)
1

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡