結婚詐欺に合わない為の5か条、自分は大丈夫だと思わないで!

9月8日に公開され話題になっている映画『夢売るふたり』では、主演の松たか子さん、阿部サダヲさんが夫婦役で、結婚詐欺を企て、女の人たちを次々と騙していくというストーリーなのですが、この“結婚詐欺”ここ数年でぐっと増加しているのをご存知ですか?

というのも、いまや世間は婚活ブーム。さらにはSNSや出会い系サイトなど他人と繋がる場所が広がって出会いの幅が増えたのも原因なのだとか。そして意外と「まさか自分は大丈夫」と思っている女性に限って、気づけば騙されているなんてことも多いそうです。

好きになった相手を疑うなんてかなり辛いことではありますが、騙されて恋した時間もお金も台無しなんて絶対にしたくないこと。ここで結婚詐欺に遭わないための基本の5か条をご紹介します。ちなみに結婚詐欺とは、「結婚する意志がないのにも関らず、結婚を餌にして相手を騙し金銭を騙し取る」ことを言います。「結婚しよう!」と言って実は二股をかけていた……というケース(あ、どこかで聞いたような……)は詐欺にはあたりません。

1.出会い系サイトやネットでの出会いには要注意!


昨今ではネットで知り合って実際に会うことに、女性の意識のハードルも下がったからか、そこで騙されてしまうパターンも多いのだそう。たとえメールの内容が優しくても、きちんと相手の素性がわかるまでは、あまりプライベートはあかさないで。実際に出会って、「結婚」という言葉をよく使ったり、貯金をいくら持っているかを尋ねるような(遠まわしに)質問をしてきたら要注意です。以前、会社役員の男が結婚詐欺で捕まったケースがありました。向こうがお金を持っていたり肩書きがしっかりしているからと言って油断しないで。

2.お金は貸さない


そもそもお金を簡単に貸してはいけません。詐欺師は最初は数万円借りてすぐに返す、ということを繰り返して、相手を安心させて次に大きなお金を借りようとします。それも「○○万円あれば○○できるから、そうすれば君と結婚もできる」などと、直接「貸してほしい」とは言わず、相手が言うのを待ちます。愛する人が困っている様子を見て、思わず「じゃあ私が……」と現金を差し出してしまう、そんな女性が多くいるのだそうです。

3.相手の身元をしっかり知る


これは恋愛の基本中の基本なのですが、案外相手の素性を知らないまま恋に溺れていくパターンも多いのです。例えば、私の友人にも「高級スーツを着てお財布には1万円札がぎっしり、でも具体的な会社名を教えてくれないし、家族の話もあまりしない」と言いながら、彼と付き合っていました。みんなで「それは怪しすぎる!」と言いましたが(笑)、彼女は彼にぞっこんだったのであまり気にならなかったのです。恋は盲目といいますが、最低限“身元”がわかってから恋に落ちる理性だけは持っていたいものです。

4.記録(証拠)を残す


もし結婚詐欺に遭ってしまったら、相手を「詐欺罪」として訴えて「詐欺」を立証しなければなりません。その際に必要なのが“証拠”。いつ貸したのか、相手に結婚する意思があったのかなど、実際に証明するものがなければ単なる”妄想”と思われてしまいかねないのです。ですから、結婚の意志を確認しあうようなメールのやりとりや、お金を振り込んだ時の証明書や相手に借用書を書いてもらうなど、とにかくデータとして残しておきましょう。友達や親戚を彼に会わせる、というのも良い方法です。周囲の証言も証拠になります。絶対やってはいけないのが、相手に直接現金を渡すこと。こうなると相手が「もらっていない。」と言えばそれまでなのです(涙)。

5.私は、騙されないと思わない


最後は精神論なの?と思われるかも知れませんが、探偵会社の方によると、この心構えだけでだいぶ違うのだそうです。狙われるのは真面目な女性。相手の事を真剣に考え、少しでも助けてあげたいばかりにお金を差し出すケースがほとんどなのだとか。騙す男性も、明らかに騙しそうなプレイボーイタイプではなく、どこか素朴だったり、お金に困っていなさそうな紳士や見るからに大人しそうな男性で、相手の女性の心の隙間を埋めるような優しい言葉をかけたりするので、寂しさを抱えている女性にとってはすぐさま恋愛の対象になってしまいます。恋をすることはとっても素敵なこと。ただ知らないうちにお金の話が出てきたら、少し冷静になりましょう。

さて、結婚詐欺に遭わないための5か条、意外と当たり前のことと思われるかも知れませんが、恋をすると案外守れなくなったりするものです。それでは自分の人生もお金も無駄にしてしまうことに。本物の愛を育むためにも、最低限の理性は持っていたいものですね。
(ミカマイコ)

この記事を書いたライター

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡