結婚に必要なのは「期待はずれ感」

アラサーになってくると結婚というキーワードがありとあらゆる所で飛び交います。婚姻制度に堅実なイメージを持っている日本ではある一定の歳で結婚していないと「ワケアリ」のレッテルを貼られる。
筆者は結婚しても貼られそうですが(笑)。

婚活に習い事、合コン。こんなに努力してるのになぜ結婚できないの!? って思う方。まず、婚活を捨ててみましょう。なぜなら「結婚」というものに理想や期待を抱きすぎて一人歩きしているからです。
結婚がすんなりうまく行ったカップルで25、26という若さで結婚した夫婦がいます。聞いてみると、当初は結婚はあんまり意識していなく、いわば「しちゃおっかー」というノリで決めたそうです。

私もイケメンにノリで「結婚」しようと言ってほしいものです。男性も女性も「この人と結婚はちょっと」と思う方は結婚に条件や理想が多い人だそう。

プロポーズするならロマンチックにして
指輪は1カラット
年収は1000万以上

綺麗で三歩後ろからついてくる人
料理がうまい人
許容範囲が広い人

言い出すときりがない条件達。
でもそれがあなたから結婚を遠ざけている理由なんです。もし結婚して条件が崩れたとしたら?
だれしもがそう思うはず。

今は年収が高くても事業が失敗したら?
いまは綺麗でも年を取ったら?

簡単な事で結婚に抱いていた条件は崩れてしまいます。それをみんなどこかで分かってますよね?
それでも理想を持ち続けていたらがんじがらめになるんです。


「結婚感」を捨ててまずは好きな人を作りその人と、向き合ってみましょう。


「結婚はまだ考えられないけど居心地がいい」
「年収は理想じゃなくても尽くしてくれている」
「料理が下手でも一生懸命」

それだけで誰かと幸せになるなら十分だと思いませんか?
結婚はその先にある物だと思います。


「愛」とは損得なしで誰かを大切に思う事。それを忘れてはいけません。

「結婚はできないかもしれない」という「期待はずれ感」が肩の力を抜ける要因になり安定したよい関係になったら
信頼が厚く、深い関係になります。結婚という言葉もそれから出てくるのではないでしょうか??

条件を相手が揃えているか?
ではなくて、
条件を捨ててまでその人と良い関係が出来ているか?

が一番重要なのです。

条件は結婚してから合わせることもできますよ。まずは肩の力を抜いて「結婚観」から外れたところで、思いっきり恋愛してみましょう。
それからでも遅くないはず。
(エルメス)

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡