「デート代や金の払い方」は永遠のテーマ? “男気”とは付き合う前に見せるべき!

だいたい、「ケチな男」はモテナイ!

時代が移り変わっても、いくら医学や科学が進歩しても……日本経済が苦しくとも、総理大臣が変わろうが、財政が厳しくなろうが、節約やエコが騒がれたとしても……そう、コレだけは変わらない。

「ケチな男は許せない!」「セコい男はサイテー!」
なのである。

「俺は女の財布代わりじゃない」
「男女平等だろ?」
「女なんて気持ちとか愛とかじゃなく結局さ、金なんだよな」
「オレ、そんな稼いでないし、無理」

不況続きで給与や賞与、残業代カットなど……それぞれのフトコロ事情もある。しかし、ケチな男はやっぱり「パス!」なのである。

女性が「奢ってもらって当たり前」の定説は破られ、「デートで割り勘は当たり前」……これが主流となるのか?
いや、時代に関係なく、景気などにも左右されず、女の本音というのは男には払って欲しいものなのだ。

数字が教える大胆分析! みんなの恋愛常識「デートの食事代、どうしたい?」の調査では

「できれば奢って欲しいです」……が59%!
で、「割り勘がちょうどいい」の33%を大きく上回っている。

一言コメント「おごらない男、どう思う?」という質問には、女性たちの厳しいコメントが寄せられている。
彼女たちの意見を総括すると、「おごらない男は男じゃない!」「ケチ」「最低!」であり、コメントから学ぶ恋愛教訓は3つ!と示されている。
●奢らないとは、自分に気がない証拠
●年上なら奢るべき
●奢れないなら誘うな!
……である。
支払い方により自分に対しての脈の有り無しの判断材料とし、また男としての器、を女たちは見ているのである。

先日、女子の集まりで“ダメンズトーク大会”になった時にもこのテーマが出た。

ダメンズ披露、自分がどんなダメな男と付き合ってしまったか、あり得ない男と関わってしまった暴露話となったのだが、誰もが一度くらいは遭遇しているのが
“ケチな男”
である。

「以前付き合ってたヤツで外食すると会計する時に必ず私より先に店の外に出ちゃう男がいた。後で請求すると『小さいことは気にしない、気にしない』とポンポンと肩を叩かれて終わり……」

「食事に行こうと誘われてそれがその人との“初デート”だったのに、相手は店とか決めてないし目星もつけてなかったみたいで……。で、私が知ってる店を提案したら『そこってクーポン使える?』って聞かれた(怒)」

「出た!クーポン・割引券使用男っ」

「主婦みたいな男っているよね。支払いの時に端数をどうしても小銭で支払いたい男!
『10円持ってる?』『5円足りないんだけど……』って催促したり、必ず聞いてくる男!」

「久々のデートの時に、ちょっといい所に食事行って奢ってくれて……気分良くお店を出てきたまでは良かったのに……帰り道で『今の店高かったんだよ』とか『給料日までまだまだ先だ~ヤバイな~』とかネエネチ言われた。そんな事言うなら連れてくんな!と思った」

「恩着せがましい男!」

「私なんて会計の時に支払おうとしたら奢ってくれたのはいいんだけど『ここはいいから、じゃ、二軒目で出してよ』と言われ……二軒目に行ったら連れて行かれたその店の方が高くてビックリ!コイツ~あり得ないと思った」

「それ、サイテー!絶対計算してるよね!」

「『洋食と和食どっちが食べたい?』と聞かれたので『洋食!!』と答えたらマックに連れて行かれた。和食だったら吉野家という選択だったらしい……」

「『寿司食べに行かない?』って誘われたから喜んでついていったら廻る寿司に連れてかれたことがある……」

「『廻る』って大事な部分、端折らないで欲しいよね(笑)」

「姑息な手段で引っ張り出さず最初だけでいいから少しぐらい奮発して欲しいよ」
1
2

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡