免疫力アップ!? 身も心も軽くなる“空気パンツ”って?

突然ですが、日頃身につけている下着の“生地”って気にしていますか? 特に“パンツ”。

形やデザインにはこだわりがあっても生地まではこだわらないなんて方も多いかも知れません。
実は、私たちが当たり前だと思って、ふつーに履いているパンツは、決して体に良いとは言えないのだそうです。そう教えてくれたのは、この度“空気パンツ”を発案された長屋万由充さん。空気パンツをご紹介する前に、まずは、ゴムで締め付けた化繊の生地のパンツを履くことで、どのような影響を及ぼすのかご紹介しましょう。

ゴムの締め付けが、肩こり、頭痛、むくみの原因に


もしアナタのウエストにパンツの跡が残っていたら要注意です。

下半身で最も締め付けてはいけない部分、それはウエスト部分です。下着は大体この部分を圧迫するものが多く、しかもパンツはお風呂やトイレ以外、四六時中圧迫しています。この圧迫の原因となるのが、ほとんどの下着に使われているゴムなんです。
いつも皮膚を締め付けていると、交換神経を興奮、緊張させる状態になり、血圧が高くなる可能性も。

しかも、筋肉や臓器に、血液が送り込まれにくくなってしまいます。すると、新陳代謝を活発にして、たまった老廃物を取り去り、新しいエネルギーを蓄えることができません。

自覚症状としては、安眠できないことによる睡眠不足など。頭の鋭敏さも欠き、仕事の能力も落ちてしまうことが。

他にも、アレルギー性鼻炎、腰痛、頭痛、胃炎、高血圧、低血圧、むくみ、神経痛、便秘、ギックリ腰、夜尿症、吹き出物、歯ぎしり、痔、水虫といった怖れもあるのです。

女性機能やホルモンにも影響が


ウエストをゴムで締め付けると、下半身にうっ血が起こりやすくなります。となると、一番に影響するのが“卵巣”。そして腎臓の上の副腎というホルモンを出す腺にも影響が出ます。副腎から分泌されるホルモン、女性ホルモン・男性ホルモンと同じ生理作用を持ったホルモン、エネルギー代謝に関係あるホルモン、免疫に関する副腎皮質ホルモン……とホルモンのオンパレードですが(笑)、これらに悪影響を与えてしまうのです。

化学繊維の下着は疲れやすい


また、化繊の下着を着た時は天然繊維の下着を着た時よりもエネルギー消費量が20%も多くなるのだそう。
化繊の下着からくる静電気の刺激が皮膚に伝わると、自律神経が刺激されて、体は緊張状態に。そうなると、副腎からアドレナリンが出てこの作用で血糖値がアップ、これを正常の戻すために副腎皮質からホルモンを分泌するので、ビタミンCの消費が高まります。
血糖値が上がると疲れやすくなり、そのためにビタミンCの消費が増えます。

心も身体も解放される“空気パンツ”


味ではありません(笑)。ゴムによる下半身の締めつけを取り除き、抗菌性があり、通気性、速乾性、保湿性にすぐれ、肌触りもよく、冬は身体を温め、夏は清涼感のある、ヘンプ&コットンの混紡の生地で作られたもの。
1年がかりで制作したという長屋万由充さんは、ゴムが入ったパンツを履いていると20倍免疫力が落ちることを知り、パンツから褌に切り替えたところ、身体が楽になり気持ちも解放されることに気づいたのだそう。高校生の娘さんに褌を薦めたものの、さすがに受け入れられなかったらしく(笑)、デザインや生地を考え自ら作ってしまったのだとか。趣味で作り始めたものの、7カ月で500枚が完売。

空気パンツを履いた人の感想


実際に空気パンツを履いた人からは、「まるで履いてないみたい!」「暑い夏は汗をかくとコットンのパンツでも不快になりますが、この生地は本当に気持ちがいいです」「私は生理も楽になりましたし、リンパの流れも良くなり、血流も良くなりました。夜履くだけでも楽になります(あくまでも個人の感想ですが)」といった声が。

さいごに


発案した長屋万由充さんにお話を伺うと、
「皆さん、おっしゃいませんが、一番多い悩みが、“おりものの量が多い、匂い、かゆみ、湿疹など(生理中も含めて)”です。
口に出して言えないことなので、みなさん黙って買っていかれて、治ってから、実は私もでしたと、お話されます。パンツを変えるとだいだい2、3日~1週間で、おりものの量が減り、ほとんどのおりものはトイレで出るようになるので、パンツも汚れなくなります。他にも多くの方が生理の様々な悩みが軽減、もしくは無くなり、生理の血も鮮血でサラサラで満月か新月にくるようになります。

私がパンツを販売している目的は、“自分の本当の力を取り戻してもらうこと”です。空気パンツを続けて履くことで締め付けから解放されて、体が本来の力を勝手に取り戻してゆくと、連動して心も変わってゆきます。
自分の本当の素晴らしさに気づいていただけるように、心から願ってやみません」とのことでした。

よくよく考えてみれば、お風呂に入る時以外はパンツって履いてるんですよね(寝ている時も!)。それだけ常に肌に密着しているものが、人間の身体に優しくないものだとしたら、デリケートな女性の身体には影響を及ぼしてしまうのも納得。私自身、髪の毛や化粧水などはオーガニックにこだわっている割には、下着については全く考えたこともなかった! と目からウロコでした。特に生理痛など女性特有の体の悩みがある方は、試してみるといいかも知れません。
(ミカマイコ)

この記事を書いたライター

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきファッション・コーデ記事5選♡