いいお父さんになりそうな男性は変なコンプレックスが少ない

「一緒に暮らすなら、体より、心が強い人の方がいいよ」

つぐみ恋愛相談所の橘つぐみです。

さっきの言葉は、言った本人は忘れていると思いますが(笑)友人のだんな様に言われた言葉です。

さて、心が強い人というのは、どういう人かを考えてみますと……

 ・変なコンプレックスが少ない

というのが挙げられます。
変なコンプレックスというのは、

「○○だから自分はダメなんだ……」
「あの時、あんなことをしたあいつを踏みつぶさないと……」

という気持ちが、心の半分以上を占めている状態ですね。

コンプレックスは、成功まで走っていくエネルギーにはなります。
(実際、成功している人はコンプレックスが原動力になっていることが多いです)

ただ、一緒に暮らすとなると、コンプレックスが強すぎる人はキツイんです。
その人の心で、触れてはいけない部分があって、万一、それを触ってしまうと爆発してしまう!
一触即発、ニトログリセリンと暮らしているみたいな感じなんですよね。

心が強いかどうかは、顔の良し悪しとは全く関係がないことが多いです。
もっと言うならば、いい会社に勤めていることとも、あまり関係がありません。

また「夫婦仲の良い両親に育てられた」人も、心が強い場合が多いです。
このような家庭に育った人は、コミュニケーションを取る場合、変な駆け引きをすることが少ないので、付き合うのがとてもラクなことが多いです。

さて、既に付き合っている人がいる場合、彼の心の強さを試すには、
「普段と違うデート(旅行など)をする」
「女のめんどくさい部分のケンカを、少しだけふっかけてみる」
というのがオススメ。

もともと、男性は決まったものを、決まった通りにすることで安心感を得るところがあります。
こだわりが強くなると「行きつけのバーに行ったが、いつもの席が空いていなかった」というだけで、帰ってしまう場合もあるようです。

ですから、いつもと違うパターンのデートに動じない彼というのは、わりと器が広い場合が多いです。
子供というものは、予想がつかない行動や言動しかしないといってもいいくらいですので、そのくらいどっしりした男性の方がオススメ。

もう一つの方法「ケンカをふっかける」というのは、彼が些細な間違い(電話するといってしなかったとか)をおかしたときに

「ずっと待っていたのに。もう○○君は、私のことを好きじゃないんだ~(泣)」

など、簡単にスネるくらいがいいでしょう。
(あまりやりすぎると、関係が崩壊しますので)


年収やルックスは、時間とともに変化します(特に、ルックスは経年劣化しますからね・笑)。
ですが、心の強さだけは、年月が経ってもそれほど変わりません。
子育てをするうえでも、心が強い人の方がいい父親になりますので、是非、そういう目で周りの男性を見てみましょう。

意外な人が、あなたの恋人候補に挙がるかもしれませんよ!
(橘つぐみ)

この記事を書いたライター

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡