男の嫉妬と女の嫉妬、どちらが厄介!?

「別に何もないのに、最近彼女の嫉妬が激しくて、本当に面倒……」、とある男性が愚痴をこぼしていました。彼は男友達だけで出かけた旅行の際、SNSでタグ付けされたその写真に女性が映っていたことで、彼女が大激怒。真相は、ちょっとしたトラブルがあり、その場で協力し合っただけ、連絡先なども一切知らない間柄の女性、とのことですが、それ以来、彼は男友達の集いに参加させてもらえなくなったのだそう。仲間内では、「鬼嫁」ならぬ「鬼彼女」などと呼ばれてしまっているとか……。

このように、「恋人の過剰な“嫉妬”に悩まされている」という話は、どちらかと言えば男性の声が多いもの。嫉妬という漢字はどちらも「女」偏ですし、一般的には女性のほうが嫉妬深い、と考えられています。本当は、男の嫉妬のほうが根強く激しい……(!?)なんて意見もありますが、男性にはプライドもあり、感情を表に出さない方が多かったりもしますね。恋愛では避けて通れない、「嫉妬」の問題。今回はこれについて掘り下げてみました。

女性の嫉妬は、“アピール”!?


嫉妬について、ブライソンという心理学者は、「女性は自分の嫉妬の感情を認める傾向にあるが、男性はそれを否定することが多い」と述べています。女性は嫉妬することも嫉妬されることも、そこまで不快には感じないけれど、男性は嫉妬されることが嫌いな人が多く、不快にも感じやすい、のだそう。これは、嫉妬の“理由”が男女で少し異なっているから、と考えられています。まずは女性の嫉妬の特徴から。

(女性の嫉妬の特徴)
・女性の嫉妬は「アピール」。男性の関心を買うために嫉妬することが多い。男性の責任感に訴え、「私のことを、もっと考えて!」と主張している。
・性的欲求の強い男性の浮気を抑制するための、ある種の本能でもある。社会秩序を保つ役割を担っている、という見解も。
・自分が独り占めしている愛情を他人に奪われるかもしれない不安やプライドから、他の女性に競争心を示す。理想が高く、見栄や体裁にこだわる女性ほど嫉妬しやすい、とも言われる

男性の嫉妬は、“コンプレックス”!?


一方の男性は、性格にもよりますが、「嫉妬をされること」が嫌いな人が多い傾向がある。上記から考えると、自分の性的本能や行動の自由を制限してくる感情だから、嫉妬の感情自体、みっともないと思っているから、といった理由が推測できます。とはいえ、もちろん男性だって恋愛で嫉妬をすることはあります。心理学者の渋谷昌三氏は、「嫉妬しやすい男性のタイプ」として、以下3つの特徴を挙げています。

(1)周囲を気にして、自分の意見をはっきり言わない人
(2)強いコンプレックスを持ち、「俺はダメな男だ」と思い込んでいる、自己評価の低い人
(3)財産や地位、名誉などにこだわる人

そう、男性が恋愛で嫉妬をする際は、主に「コンプレックス」が原因。嫉妬深い男性は、「彼女の周りには、自分よりイイ男がいるはずだ」「アイツは自分より収入がいいに違いない」といった想像を勝手に膨らませ、悶々と抱え込む傾向があるそうです。女性が男性を選ぶ際には、必ずしも男性の“能力の優劣”だけで心を決めているわけではないのですが、男性は、恋人女性の周りにいる男性たちの“スペック”が自分より勝るか劣るかを気にしがち、ということですね。能力主義の男性らしい考え方なのかもしれません。

なだめるべき? 放っておくべき?


男性にしろ女性にしろ、少しくらいの嫉妬なら、恋愛の“スパイス”になることもあります。「誰かに盗られそうになって、相手の大切さに気付いた」、なんてことも往々にしてあるものですし、ラブラブなカップルにとっては、「嫉妬されることも嬉しい!」と、愛の表現の1つになる場合もあります。しかし、冒頭のカップルではないですが、相手の立場を考えずに、あまり過剰に嫉妬してしまうと、される側もいい加減、うんざりしてしまい、相手への恋愛感情が薄れてしまうことにもなりかねません。

こうしたとき、“嫉妬される側”の対処法としては、ある程度なだめてみても、嫉妬の態度が変わらないようならば、構いすぎず「放っておく」ことも重要。相手に「嫉妬すれば、相手を束縛できる」と思わせてしまうことは、今後のためにも良くありません。本当に嫉妬される理由がないならば、「後ろめたいことはないから」と堂々として取り合わないでいれば、そのうちに相手も「自分の勘違いだったかな」と冷静になり、嫉妬感情が落ち着くこともあります。

いかがでしょうか。男女の違いについては、あくまでそうした傾向がある、ということですので、どうぞ悪しからず。さてさて、皆さんは、嫉妬をしたりされたりするのはお好きですか? 自身を嫉妬深いと感じたことはありますか? 
(外山ゆひら)

<参考文献:「心をつかむ心理学60」 渋谷昌三監修 岡崎博之編著/宝島社>

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡