海外で注目される日本人のヘア事情

日本のテクノロジーはガラパゴス化していると批判されがちな昨今ですが、実は日本人女性の股間もガラパゴス化していたようです。アンダーヘアは手つかずで何もしていない、というナチュラル志向の方が多いのではないでしょうか。

 国内ではそれで問題なくても、海外ではそんな日本のガラパゴスヘアが好奇の目で見られることもあるようです。NYで働く友人が帰国した時に語ってくれました。

「ジムに行って着替える時にチラ見すると、白人はみんなアンダーヘアがシュッとしてる。Iラインというのか、真ん中の部分だけ残して、周りは剃ってるの。でも、日本人はボウボウで……。下半身が見えて、ボウボウだと思って顔を見たらやっぱり日本人だったりして、最近恥ずかしくなってるんだ」とのことです。
 アメリカでは、「ブラジリアンワックス」という手法で、不要な毛を一気に脱毛し、形を整えるのが一般的だとか。ネイルサロンと同じくらい、ワックス脱毛の店があるそうです。
「周りの男性に聞いても、アンダーヘアは処理してた方がいいって言うし、私もやろうかな……」と、迷っている友人。

 でも、そうやって異国の習慣に染まってアンダーヘアを処理してしまった女性は、帰国した時に日本のスパや銭湯で注目を浴び、プロの女性と思われたりして、逆に肩身の狭い思いをすることもあるそうです。
 アメリカに限らずヨーロッパでもアンダーヘアを処理するのは常識で、ドイツなどでは若い女性のパイパン率が50%にのぼるとか。フランス人女性の美容本にも、日本人女性のアンダーヘアのボウボウ状態に苦言を呈する一節がありました。いっぽう、欧米ではワキを平気で生やしたままにしていたりして、体毛に関して価値観のギャップがあります。

 結局どうすればいいのでしょう。たしかに日本人の場合、白い肌に対して黒々と生い茂るアンダーヘアはコントラストが激しく、たまに暴力的に視界に飛び込んできたりします。でも、今、経済的に下降している日本で、アンダーヘアくらい元気に生えていてもいいような気が……。生命力を感じさせるアンダーヘア。大和撫子といえば、漆黒のアンダーヘア、くらいに、チャームポイントとして開き直るのもいいかもしれません。
 
1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事