背伸びはNG 自分磨きより自分投資

時に失恋や婚活とセットで行われる「自分磨き」。
エステにジムにネイルにダイエット、料理に英会話にお花にダンス……でも、ちょっと待って。その「自分磨き」、何のためにしているのでしょうか。

目標のない自分磨きは時間の無駄


ネイルアートを習いに行っているけれど、自分や家族の爪をきれいにするのが精いっぱい。
長年、英会話を習っているけれど、使う機会と言えばたまにいく海外旅行の時くらい。しかも現地の人と会話する機会は少ないし。
究極には「料理を習っているけれど、食べさせる人がいない」って、しゃれにならないですよね。
何のためにやっているのかわからない自分磨きは、結局はたいして何も身につかずに、振り返ってみれば時間とお金の無駄になっていたりすることが少なくありません。
「なんとなくやってみようと思って」始めるのは良いとしても、ダラダラと続けていかないで、本当にそれが自分磨きになっているかどうか、時々は振り返ってみましょう。

コストパフォーマンスの良くない自分磨きは単なる趣味


例えば、婚活目的のために「自分を磨いてキラキラ光る女になる!」のはいいのですが、あまりにも輝いてまぶしすぎると、気の弱い草食男子はびびっちゃって、手を出せません。
その自分磨きの目的はなんでしょう。
競争率の高いイケメンリッチな男性が、意外と素朴な彼女を選んだりする現実。キラキラ女子になることがイコール婚活成功には結びつかないのです。たくさん自分に投資したから多くのリターンがあるということは、決してないことも頭に入れておいてくださいね。
高価な趣味、高級な身の回り品に手を出す前に「自分はどこまでのリターンを求めているのか」をよく考え直してみて。あなたの魅力を最大に引き出すのは高価な貴金属ではなくて、キュートなガラス玉ということもあります。自分磨きの前に自分らしさを見極め、その方向に磨いていくことが合理的であり、自分の魅力を最大に引き出すことになるのです。

実現の難しい自分磨きは背伸びでしかない


今までの人生を変えたいと一念発起して「学校に入り直して医者になる」「弁護士になる」、美容に精を出して「ミスコンで優勝する」、仕事に精を出して「社長になる」って、ええっ!? その目標は、高すぎやしませんか? いくらリターンが大きい自分磨きだって、実現しなければ意味がありません。
肝心なのは、その先。「○○になった」それからが本当の勝負どころで、自己実現したところで燃え尽きてしまっては何にもなりません。
背伸びでない自分磨きをするためには、まずは低い山を目標に、日々積み重ねていくこと。
「今月はここまでを勉強する」「今月は運動を増やして○kgダイエットしてみる」など、日々の生活の中で積み上げた固いベースの上で大きな目標を目指していかないと、高すぎる目標に押しつぶされて、ただの背伸びのまま終わってしまいます。気づいた時には実現しないまま、年を取ってしまったりして……。

究極の自分投資は、少ない投資で最大のリターンをあげること!


かけたお金や時間の見返りに戻ってくるのが自己満足だけなら、単なる趣味に過ぎません。どんな形にせよ、利益が戻ってくるのが自己投資。
そして投資ですから、損失を出さないことを念頭に置いて計画を立てなくてはいけません。
会社でかんたんな経理をすることになったので、簿記の勉強を追加してみてまず3級から取ってみる。海外に取引先ができたので、TOEICを受けてみる。好きな飲食物をもっと追究して、ソムリエやマイスターなどの資格取得に挑戦する……など、生活や仕事の延長の中で、効率的に無理なく自分磨きができるチャンスを探し、努力を続けましょう。いつか振り返った時、付け焼刃ではない、背伸びではない本当の自分磨きにも成功しているはずです。
(アリー・ヤン/コミュニケーションアドバイザー、タロットカウンセラー)
1

関連記事

今、あなたにオススメ