心理学で分かる ライバルに勝てる「自分磨き」

恋のライバルが自分よりも若い子や自分よりも優れていると感じる容姿の人がライバルになってしまったとき。不安な気持ちになって何もせずに諦めてしまっていませんか。年齢や経験を重ねると、なかなか恋する相手には出会える機会が減ってしまいます。
恋することが出来る相手に出会えるのはとても幸せなことなのに、年齢や見た目だけで恋の諦めることはありません。恋のライバルよりも魅力的な人になれば良いのです。

恋する気持ちは、年齢など関係なく、女性を魅力的にしてくれるものです。まずは、恋をした時点で、今までよりも自分が魅力的になっていると自信を持ちましょう。そして更に恋する相手に恋される自分になる為に自分を磨いてきましょう。

魅力的な自分になる自分磨き


魅力的な自分になる自分磨きの方法についてご紹介したいと思います。恋のライバルに勝つための自分磨きとは内面磨きと印象(イメージ)磨きの2つが大切です。

・内面(人間力)磨き

人間的に魅力のある人になる事が何よりも大切です。愛情豊かでどこか余裕があり、広い視野と向上心を持った人は誰からみても魅力的な人です。周りの人から魅力的に思われている人をうらやましいと思いながらも、自分はなれないなんて思っては居ませんか。

誰でも日々の心がけ次第で人間的魅力は磨かれていくのです。まずは、自分が魅力的に感じている人の行動を真似することから始めてみましょう。行動とは心が司るものでもありますが、行動が心を作るものでもあるのです。身近に人間的魅力を感じる人が居ないと思う場合には、まずは「笑顔」「責任」「気遣い」この3つを意識して行動して下さい。

この3つを常に実践できている人を男性女性問わず魅力的だと思いませんか。

笑顔は人に「安心感」を与え、
責任は人に「信頼感」を与え、
気遣いは人に「優しさ」を与えることができるのです。

そしてこの3つに共通しているのは「無償の与え」です。見返りを求めて行う行動は誰にでもできます。しかし見返りを求めるから反応がないと苛立ちを感じ視野が狭くなるのです。人は自分のことで精一杯の人に魅力を感じることはありません。

自分をしっかり持った上で、他者へ分け隔てなく愛情を与える事が出来る人に魅力的を感じます。人は得ることに喜びを覚え、大切にされていると感じることができます。逆に言うと、人に喜びを与え、人を大切にすることができる人は、人から愛される人になることができるのです。

様々な自己啓発本やセミナーなど街には溢れていますが、まずは「笑顔」「責任」「気遣い」この3つを実践する事が出来るようになった上で、自分に足りないと感じる部分を補うことが出来る本やセミナーを選ぶ事が自分にあった自分磨きになると思います。

・印象(イメージ)磨き

その人の印象(イメージ)は生まれ持った容姿によって決まるものでは在りません。自分で作るものでもあるのです。自分の年齢にあった、なりたいイメージの服装やメイクを選び、それが似合う自分になるように努力した結果、イメージ通りの自分に近づくことができるのです。

男性も女性も自分の脳の中に好みのタイプのイメージを持っており、それとよく似た相手が視界に入っただけで、無意識のうちに脳がその人のほうを向かせます。そして視界に入る頻度が高ければ高いほど意識することになります。

まずは、恋の相手に意識されるような女性になる為の「印象=イメージ」を磨きましょう。好きな人がいる場合は、相手の好みのタイプを知り、そのタイプに近づくことが大事です。相手の男性の好みの服装にイメージチェンジするだけでも効果があります。服装の好みは内面の好みにも近いものがあります。

清楚な服装が好みの男性は、清楚なタイプであることが多いのです。
1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡