30代後半で“自然な出会い”は難しい? 

発言小町に「もう結婚は難しいでしょうか」という投稿が寄せられました。トピ主さんは、37歳の女性。子どもはほしくないけれど、最近、結婚したい気持ちになってきた、と言います。でも、友人の紹介や仕事での出会いは期待できない状況。かといって、結婚相談所に登録したりお見合いしたりする気にはなれず、できれば自然に出会いたいけれど難しいでしょうか、という相談です。

「恋愛は若いうちに」と言われる理由


「恋愛は若いうちにするもの」、と考えている方は実際、少なくないと思います。この考えの根本には、(1)出産年齢に限界があること、(2)年齢を重ねると、恋愛対象の同世代の人は減り、相手を見つけにくくなる、という二つの理由があるでしょう。特に女性は、年齢を重ねると価値が下がる、などと言われてしまうのも、子どもを持ちたい場合に年齢が関係してくるからです。また、恋愛に性的な衝動なども含まれるとすれば、本能的な部分で、若い男女のほうが異性のパートナーを求めやすい、ということもあるでしょう。あくまで可能性の話ですが、子どもを授かりたいならば、女性は若いうちに恋愛の機会を持ったほうが、その願いが叶いやすい、というのは、一つ確かなことではあります。

また、年齢を重ねていくと、同世代に既に相手を見つけた人が増えていくため、自然な出会いのチャンスが減っていく面は確かにあります。恋愛関係を育むにはある程度「時間」も必要ですが、30代以上は仕事も忙しくなってくる頃。新しく異性と知り合って、深い信頼関係を築くような時間を十分持てなかったり、体力も落ちてきて恋愛のために無理ができなかったり。そんなマイナス面はあるかと思います。
ですが、それらは決して乗り越えられないハードルではありません。トピ主さんは子どもはほしくない、ということなので、上記(1)についてはここでは省略しますね。(2)の影響はあるでしょうが、昔に比べれば、様々な世代において「独身者の数」自体は非常に増加しています。本気で探せば、同じ境遇の独身者もたくさんいる、ということです。

「こんな歳じゃ無理だろう」が一番の敵!?


トピ主さんのように、30代後半で「こんな年齢では、恋愛をするのが大変」と思っている人もいる一方で、40代~50代で初婚を迎えるカップルも今や珍しくありません。60代、70代の人だって恋愛をする時代になってきています。年齢を「障害」と考えず、またはその障害をものともせず、パートナーを見つけている人もいるのですね。
彼らとトピ主さんとでは何が違うのか、確実に一つ言えるのは、「年齢への考え方の違い」でしょう。「チャンスがあれば恋愛をしたい」と考えている人は、何歳であっても、ためらわずに異性と知り合える場所に出かけますし、外見を磨く努力などにも意欲的です。自分自身が「恋愛すること」を諦めていないので、いろいろな面で積極的なのですね。

一方、「こんな歳では無理」という人には、本当は恋愛で傷つくのがとても怖くて、心を開こうとしない傾向もあります。異性にモテるための努力も放棄していたり、今までの人間関係や自分の世界に閉じこもり、新たな交流に飛び込むのを億劫がったりする方もいます。これでは異性にも魅力的に映りにくいですし、たとえチャンスが巡ってきても恋愛が成就しにくくなってしまいます。
トピ主さんの投稿には、「今から結婚相手を探すのは大変」「年齢的にも難しくなっている」「こんな歳になって」といった言葉ばかりが並んでいます。前項でも書いたとおり、確かに若い頃よりは恋愛のチャンスは減ってきているでしょうが、自身がこう思い込んでいれば、恋愛はますます遠のいてしまいます。

もちろん、誰でも年齢を重ねれば「素の容姿」は衰えていきますので、男女を問わず、若い方と恋愛したい人たちからは、年齢だけを理由に恋愛対象から外されてしまうこともあるでしょう。ですが、年齢を重ねていることが恋愛にプラスになる面も、決してないわけではありません。

例えば、
・知恵や経験が増え、楽しく有意義な話ができるようになる
・若い頃よりも性格が丸くなり、他人を許したり、受け容れたりすることが上手になる。包容力が増す
・外見も、若い頃よりあか抜ける、少しお金をかけて身なりを整えられる。若者はない“大人の雰囲気”を出せる
など。

若さや元気など、失っていくものあるけれど、年齢を重ねたからこそ出せる、大人の魅力もきっとあるはず。そう信じてイキイキと年齢を重ねている人は、年代や性別を問わず、憧れられたり、必要とされたり、人間としてもモテます。最近、40代男性が人気とか、熟女ブームだとか言われるようになったのも、そんな風に「年齢を言い訳にせず努力する、魅力的な大人」が増えたから、ということも一因にあるのではないでしょうか。もちろん、これは「無理な若作りをすること」とは全く違います。

積極性、行動力、年齢を気にしすぎないこと


さて、年齢を重ねてから恋愛をするために必要なのは、(1)人間関係への「積極性」と、(2)日々の「行動力」、そして前述のとおり、(3)「年齢を過剰に引け目に感じないこと」、この3つではないかと個人的には考えています。わかりやすく言えば、出かけることや知り合うことをためらわない人、機会があれば恋に落ちる準備ができている人、という感じでしょうか。
(1)や(2)に自信がない方の場合は、それこそ「出会いがない」という状況に陥りやすいので、他人の力を借りる方向で動いたほうが、結果は出やすいかもしれません。トピ主さんも、ご自身の性格と照らし合わせて考えてみて下さいね。

ただし、年齢への考えは人それぞれです。どんなに自分が前向きに捉えても、周囲や見知らぬ人から、オバさん・オジさん扱いをされて落ち込むこともあるでしょう。ですが、これはあまり気にしないことが肝心。他人にどう言われても、「今の自分の良いところ」を自分くらいは認めてあげましょう。ご友人に励ましてもらってもいいと思います。とはいえ、「私はまだ恋愛も現役よ!」などと声高に主張する必要は全くありません。心の中でだけは、「私なりに良い年齢の重ね方をしているはず」と胸を張っていられる、そのくらいの自信は持っていられるように。
自信をつけたいならば、服装を変えてみたり、教養を身につけてみたり、意識して“大人の魅力”を身につける工夫をしてみても◎。「もうこんな歳だから」と卑下するよりは、「年齢を重ねたことのプラス面」に目を向けていったほうが、きっと毎日も楽しくなりますし、自分自身、イキイキとしてくると思いますよ。

自然に出会いたい=自分の力で探す、ということ


最後に、「自然に出会いたい」という要望について。これは、「仲介されて知り合うのは何か違う……」という、トピ主さんの一つの“理想の恋愛”のかたちなのかもしれませんね。「好きな人に出会えるなら手段は問わない、結果オーライ」だと考えられるならば、本来、婚活パーティや結婚相談所などは、目的が同じ人が集まっているので、一人であてもなく探すよりも、無駄な投資や時間が省ける、といった利点はあります。向き不向きはありますが、自分で恋愛のキッカケを見つけにくい人にとっては効率も良いですし、異性と仲良くなるためのサポートも受けられます。

自然な出会いを望む、ということは、協力してくれるご友人の存在も含め、基本的には「自分の力で探します」、ということになるので、先に書いたような「積極性」を日々心がけ、自力で異性と知り合い、仲良くなっていく「行動力」が必要です。その気になって見渡してみれば、どんな人も、日常の中に「すれ違うだけではない異性」の存在がいるものです。そんな人さえいない、と感じるならば、ぜひ行動範囲を広げてみて下さいね。
その上で、「この相手とは恋愛できるかどうか」などと構えすぎず、フランクに、生身の異性とどんどん話し、知り合っていきましょう。必死で恋愛相手を探す、というよりも、「もっと異性の友達を増やそう」くらいに考えていると、自然体で関係を育むことでき、結果、恋愛にも発展しやすいかも!?

トピ主さんの日常に、楽しく話せる異性が増えていけば、そのなかに必ず、心が動く人が表れると思います。年齢を意識して後ろ向きになるのはやめて、肩の力を抜いて、新しい人と知り合える日々を“積極的に”楽しんでいって下さいね。
(外山ゆひら)

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ