夢見がちな男はお好き?「ピーターパン・シンドローム(症候群)」

「ピーターパン・シンドローム(症候群)」という言葉をご存知ですか? いつまでも大人になれない、少年のような男性……といえば、少し聞こえがいいですが、専門的には、大人になりきれない男性たちが引き起こす、社会的・心理学的な問題を指します。こうした男性は、大人としての責任から逃げたがる傾向が強く、ナルシズム、わがまま、自己中心的で無責任。キレやすかったり、ずる賢かったりと、意識レベルが「子供」の段階で停滞していることが多い、と言われています。

真面目な“ウェンディ”のジレンマ


とはいえ、そんな、ちょっと子供っぽい(!?)ところのある男性を好きになっちゃう、という女性もいるはず。特に、若い女性は、大きな夢を持っていたり、彼自身の世界に引き込んでくれたりするような男性に惹かれやすい傾向もあります。

さて、実際の物語で、ピーターパンに恋をする女の子といえば、ご存知、ウェンディですが、「ピーターパン・シンドローム」を定義したアメリカの心理学者ゲイ・カーリーは、これに関係する、『ウェンディ・ジレンマ』という、女性側の心理傾向も指摘しています。

ウェンディは人間の少女ですが、ピーターパンにネバーランドに連れてこられ、しばらく、そこの子供たちの母親的役割を果たすようになります。彼女はとても責任感が強く、何でも頑張ってしまう女の子。博士は、ピーターパン・シンドロームの男性と付き合ったときに、女性側に、ある傾向が表れやすいことを指摘し、その心理状態を「ウェンディ・ジレンマ」と名付けました。わかりやすく言うなら、ピーターパンタイプの男性と付き合うと、真面目さから男性のペースに巻き込まれてしまい、尽くさなくてはと無理して頑張ってしまう女性、という感じでしょうか……。
1
2
3

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事