三十路カップルはしょっちゅう会わないもの!? 

「三十路カップルはしょっちゅう会わないもの」
そう言われても、いまいちピンと来ない人もいることでしょう。

では、恋人間ではなく、まず女友達との付き合いを思い浮かべてください。中高生の頃は、友達といえば学校の友達。学校に行けば毎日顔を合わせていましたよね。毎日、休み時間や放課後になると、他愛もない話題で笑い転げたものです。

ですが、社会人になると、同僚の友人は別として、会社外の友人とは、毎日顔を合わせることがなくなります。毎日どころか、毎週すら会うことがなくなるでしょう。1カ月に1度、いや数カ月に1度顔を合わせる程度、という友人関係も珍しくありません。
中高生時代のように、しょっちゅう顔を合わせずとも、友情という絆でしっかり結びついていれば、会うのが久しぶりだろうと場は大いに盛り上がります。

友人との付き合い方が変化する背景には、社会に出て仕事に携わるということが影響しているのでしょう。中高生の頃は、生活の中心は「学校に通うこと」でした。それが大人になると、生活の主軸が「仕事」へと変化します。仕事よりも、趣味や習い事のほうが好きという人も、仕事をしなければ、それらを継続することが出来ませんから、仕事が好きだろうと嫌いだろうと、生活の中心が「仕事」であることに変わりはないのです。

生活の中心である「仕事」ですが、20代と30代では、だいぶ向き合い方が変わってきているはずです。どの職種でも、30代になると、責任あるポストを任されるなど、仕事上の立ち位置に変化が生じますよね。男性も女性も、です。「30代になってから、どんどん忙しくなってきた」と感じている人も少なくないでしょう。

にもかかわらず、比較的自由な時間を持ちやすかった20代の頃と同じスタンスで恋愛に臨むと、当然のことながら無理が生じます。「毎週必ずデートする!」という固定観念を持ったままだと、それが仕事に差し支えることもあるでしょう。
「彼氏の会社は、平日は残業続きでも、土日は必ず休みだからデート出来るじゃん!」という人もいるかもしれませんが、そうだとしても、彼氏の身にもなって考えてみましょう。「平日は会社で残業、土日は恋人とデート」では、その他諸々のことがいっさい出来なくなってしまいます。これがストレスになり、破局の原因になることもあるでしょう。

以上を踏まえ、彼氏との付き合い方も、女友達との付き合いと同じようなスタンスで臨みましょう。「愛情という絆でしっかり結びついているのだから、しょっちゅう顔を合わせずとも大丈夫」と、大きく構えていれば、なかなか会えない不満もだいぶ軽減されるはずです。
毎週会えないからといって不安になったり、一方的にいじけるのは、大人の女性としても、みっともいいものではないですしね。
しょっちゅう顔を合わせないぶんは、一回ごとのデートをゴージャスにするなど、別の部分で埋めると、じゅうぶんな満足が得られるはずですよ。
(菊池美佳子)
1

この記事を書いたライター

菊池美佳子
1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストに転身

関連記事

今、あなたにオススメ