都内で楽しめるクリスマスイルミネーション

いよいよ今週末はクリスマス! たとえ心に木枯らしが吹いていても、キラキラに彩られた街のイルミネーションを見ている時は現実を忘れられたりするもの。そんな私のような独り身のような方も、大切な恋人がいる方も、残りわずかなクリスマスモードを満喫して頂くべく、今回は都内のイルミネーションスポットをご紹介します!

東京ミチテラス(12月28日まで)


今年、話題となった東京ステーション。その東京・丸の内エリアで、21日から光の祝典「東京ミチテラス2012」が開催されます。東京駅丸の内駅舎がプロジェクションマッピングのスクリーンと化す「トウキョウ ヒカリ ビジョン」と、モザイク模様のタワーが光と影のエフェクトを街頭に生み出す「スターライト ウォーク」による光の演出といった、いわゆる“イルミネーション”の一般的なイメージとは異なるのが魅力。

ちなみに“プロジェクションマッピング”は立体物にCG映像を投影し、リアルとバーチャルをシンクロさせる映像表現。アートインスタレーションや舞台演出などに使用されていますが、まだ馴染みのない方の方が多いかも。「プロジェクトマッピングって知ってる!?見たことないから会社帰りにちょっと寄ってみない?」なんて気になる人を誘う口実にも使えそうです。

公式サイト:東京ミチテラス2012 公式ホームページ

丸の内イルミネーション2012(2月17日まで)


先ほどの東京駅エリアの近く、楽町と大手町を結ぶ約1.2kmに及ぶ丸の内仲通り沿いの街路樹約230本が約101万球のエコイルミできらめく丸の内イルミネーション。このエリアらしくLEDの色は、上品に輝く丸の内オリジナルカラー“シャンパンゴールド” なのだそう。既に10月1日よりライトアップが始まっているので、すでにご覧になった方もいるかも?
また、ここで使用されるイルミネーションは、実行委員会が独自開発をしたエコ仕様で、明るさはそのままなのに約1/3の使用電力に抑えられているとか。この情報を聞いただけで優しい気持ちになれそう。2月まで楽しめるのも嬉しい。

東京タワークリスマスイルミネーション2012(12月25日まで)


今年は東京スカイツリーの誕生もあって、東京タワーがちょっぴり影を潜めていた感もありますが、東京の冬の風物詩、恒例の東京タワークリスマスイルミネーションは現在、好評点灯中。
今年のツリーはなんと“都内最大級、高さ15mの生のモミの木”。それに、約50,000個のイルミネーションとオーナメント! 凄すぎて想像ができません。

また、今年のイルミネーションコンセプトは“メルヘンチックでロマンチック”。
クリスマスツリーボックスがケーキのお家に大変身し、ツリー周辺にはキャンディーやキノコ、そして光輝く「アミューズメントトレイン」のオブジェを設置。お昼は子供たちも楽しく遊ぶことができるファミリーも嬉しいオブジェとして、夜はイルミネーション輝くカップルたちのフォトスポットとして、人気だそう。さらに毎年大好評の、クリスマスソングに合わせた、ツリーのイルミネーションが光のショーを展開する「クリスマスツリー・ライティングショー」も開催中。私が男だったら、何も言わずに彼女を東京タワーに連れてビックリさせてあげたい(何故か男目線)。

公式サイト:東京タワー TokyoTower オフィシャルホームページ

東京スカイツリータウン(R)ウインターフェスティバル ライトアート・エンターテイメント2012」(1/31まで)


やはり、今年誕生したスカイツリーもチェックしておかなくては、ということで、東京スカイツリータウン(R)では、開業後初となる冬の一大イベント「東京スカイツリータウン(R)ウインターフェスティバル ライトアート・エンターテイメント2012」をスタート(タイトル長いです)。

スカイアリーナへとつながる坂道「ハナミ坂」と「ソラミ坂」は動くLED照明により幻想的な“光階段”といった感じで、東京スカイツリー(R)は“世界一高いクリスマスツリー”に見立てた「シャンパンツリー」の限定ライティングが施されているとか。

タウン内でも個性的なイルミネーションがあちこちに。また、東京スカイツリーの天望デッキと天望回廊もクリスマス気分が浸れる場所に様変わり。天望回廊フロア450では、壁に投影されたカラフルなギフトボックス映像が人の動きでリアルタイムに反応するディスプレイシステム「マジカルタワースクリーン」が楽しめたり、とにかく書ききれないほど様々なイルミネーションやイベントがいっぱい。今年の話題スポットだけに混んでいるのでは? と心配してしまいますが、恋人同士なら余計くっつけるのでいいかも知れませんね(他人事……)。

公式サイト:東京スカイツリー TOKYO SKYTREE

目黒川みんなのイルミネーション(12月26日まで)


近年、 東京都の副都心として、注目を浴びている大崎・五反田エリア。ビジネス街としてももちろん、美味しいお店も増えてきました。

このエリアで、昨年日本で初めて100%エネルギーの地産地消を実現した大規模イルミ
ネーションイベントが誕生。目黒川沿いの桜をLEDライトで装飾し、まるで冬に咲き光る桜の並木道のようなロマンティックな景観が楽しめます。

このLEDライトの電力の発電は、開催エリア周辺のご家庭や飲食店から回収した
使用済み食用油から精製するバイオディーゼル燃料のみを使用しているのだそう。それで、タイトルに『みんなの』というフレーズが付いているのですね。もっと様々なエリアで誕生して欲しい試みです。

公式サイト:目黒川みんなのイルミネーション

Walt Disney 110th Anniversary 表参道原宿 Dream Together Project(12月25日まで)


表参道ヒルズ、ラフォーレ原宿、東急プラザ表参道原宿が共同で初のクリスマスプロジェクトを開催、しかもコラボレーションの相手がウォルト・ディズニーという贅沢さ。

まず、表参道ヒルズでは“Lover's Christmas~ディズニーキャラクター達と祝う、愛に包まれたクリスマス~”
をコンセプトにした楽しい館内演出が。吹き抜けの階段エリアには、約25,000個のスワロフスキークリスタルが色とりどりに輝く高さ約10mのプリンセスツリーが登場。ツリー上部は大きなティアラで装飾され、セレブ感を表参道ヒルズらしいセレブ感を演出。

メインエントランス(本館)では、ハートを背景にしたミッキーとミニーのフォトスポットが登場。ミッキーとミニーがそれぞれの手でハートを形作っているシルエットの後ろには、
イルミネーションで彩られた大きなハートが。
ラブラブなフォトスポットで、大切な人との記念写真が撮影できます。独りで通りかかると、『シャッター押してもらえませんか?』と頼まれる事間違いなし!
その他、各会場でしか見る事の出来ないディズニーXmasデコレーションは、ディズニーファンならずとも心がときめいてしまいそう。

公式サイト:Walt Disney 110th Anniversary 表参道原宿 Dream Together Project 2012 Wish Garden

都内で楽しめるイルミネーションをご紹介してみましたが、他にも素敵なイルミネーションスポットは沢山あります。
ちょっと会社帰りにホッコリしたい方、この連休東京に遊びに行くよ! という方は、是非参考になさって下さいね。くれぐれも暖かくして出かけましょう。
(ミカマイコ)

この記事を書いたライター

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡