結婚記念日って入籍日?挙式日?どっち?

夫婦の大切な日と言えばやっぱり「結婚記念日」。ところで、結婚記念日って入籍した日? それとも結婚式を挙げた日? どっちにすればいいの? 司法書士の方に聞いてみたところ、「特に決まりはないので、好きに決められるんです」。との答え。では世の中の夫婦は実際、結婚記念日をどう位置づけているのか、アンケートを取ってみました。これから結婚する方はぜひ参考にしてみてくださいね。

挙式日 派 53%


・結婚式のビデオでいつでも振り返ることができるので
・みんなが祝ってくれた日なので
・入籍した日を忘れちゃったので(笑)
・入籍は結婚してから1年後だったので・・・

入籍日 派 25%


・苗字が変わったのを記念して
・できちゃった結婚なので
・結婚式を挙げてないので
・結婚式は入籍してから1年後だったので・・・

挙式日&入籍日 派 18%


・結婚式と入籍日を同じ日にしたくて、挙式当日に入籍した

なんと、挙式日が約半数を占めるという結果に。皆に祝ってもらった特別な日、セレモニーを行った日ということもあり、挙式日派の夫婦が多いことが判明。一方、入籍日派は書類を受理してもらえた、苗字が変わった、など法的に夫婦になったことを記念して結婚記念日にしているようです。また、なかには (戸籍を汚さないために) 新婚旅行から無事に帰って来れたら籍を入れる、という慎重な夫婦もいました。

その他 4%


◆ あやかり派・・・いい夫婦の日(11/22)に結婚
◆ 誕生日派・・・妻の誕生日に入籍
◆ オール・イン・ワン派・・・出会った日&入籍日&挙式日 を同じに
◆ 小出し派・・・何かしらにおいて、いちいち記念日

その他としては、公的な記念日と同じにした夫婦、オール・イン・ワンにして年に1度のスペシャルな記念日を作った夫婦、逆に年に何度も記念日を作っては楽しんでいる夫婦もいました。
※アンケートの数値はライター調べ。

いかがでしたか?
結婚記念日に関する決まりがないだけに、大事なのは 「ずっと忘れない日にする」 というのが一番のポイントかもしれません。最近は結婚記念日に旅行やグルメで特典が受けられるサービスも増えてきているのでこれを機会に利用してみるのもいいかもしれませんね! (岩科蓮花)

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡