ananが伝授!? 脱“おデブな選択”太らない食材はどっち?

1月も半分が過ぎましたが、お正月太りしてしまったという方、そろそろ体重は戻り始めましたか?
私は……と言いますと、仕事が始まると共に新年会もスタート。様々な会に参加しているうちに、年末年始で増えてしまった体重がデフォルト状態に。

なかなかお付き合いを断るのが難しい中、何とか痩せの方向に持っていきたいと切実な思いでいっぱいです。そんな中、1月8日発売のananの毎年恒例ダイエット特集では、様々なお正月太り解消法のひとつにこんな記事が紹介されていました。

知らずに“おデブ”な選択してません? 太らない食べ物はコチラです!

つまり、私達が日常的に“太らない”と思って選んでいる食材でも、意外と違う食材を選んだ方が痩せやすいケースがいっぱい。そんな“うっかり太り”を避ける食材選びを教えてくれているんです。

間違ったチョイスでおデブにならないために


プロスポーツ選手や五輪メダリストの食事指導も手がけダイエットにも詳しい管理栄養士のこばたてるみ先生いわく「食材のカロリーはもちろん、ビタミンや食物繊維などの栄養素、調理法や食べるタイミングにも、太らないコツが隠されています(中略)正しい選択を重ねていけば太りにくい体質に。逆に間違ったチョイスを繰り返すと、なかなか痩せないカラダになります」とのこと。

ダイエットのためにと良かれと思って口にしていた食べ物が、実は太りやすいとしたら、それは大変です。さっそく正しい知識を身につけていきましょう!

どっちが太りやすい? ニンジン VS ゴボウ


たとえば、お鍋にも登場する根菜類といえばニンジンとゴボウ。同じ量でどちらがカロリーが高いと思いますか? 甘みの強いニンジンかと思いきや、正解はゴボウ。100g当たり、ニンジンは36kcalに対し、ゴボウは65kcalなんです。とはいえ、便秘がちで体重が増えている方は、食物繊維の豊富なゴボウを選んで、腸内環境を改善させましょう。

レンコン VS 大根


同じく根菜類、煮物にもよく使われますが、野菜だからいいよね!とつい美味しくてホクホク頂いていると危ないことに。実はレンコンは糖分が高く、カロリーは大根の3倍も。水分の多い大根を優先した方がベター。

ご飯1膳 VS ロールパン2個


「ご飯にされますか? それともパン?」とレストランで聞かれて、カロリーが低い方を選んだつもりで“ご飯”をオーダーする方が多いかも? 実は、ロールパン2つの方が低カロリーなんです。といっても、バターをつけてしまうと一気にカロリーアップ。他にも、メインのお皿に残った濃厚ソースをパンにつけたりするとご飯の方が良かったことに……。様々な誘惑に負けずにロールパンを食べられる人に限ります(笑)。

オリーブオイル VS バター


こちらは、さすがにわかりますよね!? カロリーが高い方が“バター”。と思いきや、実はオリーブオイルの方がずっと高いんです(100gに対し、バター763kcal、オリーブオイルは921kcal)。確かに、オリーブオイルは植物性なので健康的なイメージがありますが、カロリーに限って言えばバターの方が痩せやすい選択。
ちなみに植物油であれば、ゴマ油もサラダ油も同じ。スープにちょっぴり加えたり、魚を焼いたりするのも案外、バターの方がいいのかも!?

みかん1個 VS リンゴ半分


食後やおやつに嬉しいフルーツといえば、みかんやリンゴ。お菓子に比べたらとってもヘルシーですが、それでも果汁は油断していると太るもと。ではどちらがカロリーが低いかといえば、みかん1個の方。(みかん36kcal リンゴ半分54kcal)。ビタミンCもリンゴの6倍なので風邪予防としても活躍してくれそう。ついつい2個めに手を出すのだけは我慢して。

さいごに


ほかにも、ソーセージとロースハムならハム。青魚と白身は断然白身など様々な食材の痩せやすいセレクト術が紹介されている他、調理編では「天ぷら VS 唐揚げ」なら太りにくいのは唐揚げの方など、調理法についても目からウロコ! な痩せセレクトがいっぱい。ダイエットは、頑張る熱意や根気よりも、まず正しい知識を身につけることの方が大事かも、と改めて感じました。そして、私は「痩せやすいのはこっちの食材だも~ん!」と食べ過ぎてしまわないように気をつけたいです。
(ミカマイコ)
1

この記事を書いたライター

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡