婚活中の迷走女子が結婚するための男選びに必要なものとは?

「なんで結婚できないんだろう?」
世間でいう適齢期とやらを過ぎても結婚していない女性に共通しているのは、将来“自分が普通に結婚するものだ”と思っていたことであり、誰もが“いい年になったら自分が結婚していること”を疑っていなかったといことである。
しかし、実際いい年になってもいい人は現れず……またいい年をとっくのとうに過ぎても結婚などしていない自分。

誰がおひとりさま状態の自分自身の姿など想像できただろうか?
子供の頃、描いていた未来の自分が今の自分の姿などきっと思ってもみなかったはずだ。30や40を過ぎて、独りでいることなど考えていなかったことだろう。“結婚できるのは当たり前”であり、結婚できることは特別なことでもなんでもないこととして捉えていたはずだ。

また『25歳くらいには結婚して、27歳までに第一子。30までにはもう一人産んでいる……』などと勝手に家族を増やし、幼いながらに結婚生活の予測や人生設計を立てていたのではないだろうか? こんなはずではなかった! 予想に反して、まさか自分がこの歳までひとリだとは……という状況。

そして吉報が届いても素直に喜べない自分。

「なんであの子が結婚できて私が結婚できないわけ?」
「また先を越された……」
「私の何処がいけないの?」
「毎週末おみパとか婚活イベントに参加して頑張っているのに……」
「なんであんな取り柄もなにもない子が?」
「彼女よか私が見劣りしているとは思えない……」
でもでも……取り残されるのはいつもワタシ。

さらに悲しいことにいい年をした男の独り者を世間が見る目と“いい年をした女が一人でいること”とは周りの受け取り方が違い、気の毒な女だとか、寂しい女、痛い女と言われたりする。結婚しない女に対して世間の目というのは厳しいもの。

パートナーがいることは勝ち組であり、女がひとりで居ることは女同士からしても「アンタ負け」……という勝負的な風潮。女の敵は女なのか?

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ