社内恋愛で、失敗しない男性選び

つぐみ恋愛相談所の橘つぐみです。

「会社ではデキる男性だったのに、付き合ったらドMだった」
「付き合っている時は、リーダーシップがあって素敵だったのに、結婚したら何もしない…」

という事例は、よくあります。

一般的に「大勢いる飲み会で仕切ったり、話の中心になる人」「盛り上げ役の人」ほど、プライベートではドMというか、あまり仕切ってくれない人が多いもの。
おそらくですが、オンで頑張っている分、オフで気を抜きたいと思うんですよね。

このコラムでいいたいことは、仕切り屋の男性が何もしないからダメ……ということではありません(笑)。

会社で見せる顔は、表の顔なんです。
「付き合っている時」の顔も似たような感じで、裏の顔を見せる段階にまでいっていないことがほとんど。(交際が1年以上など、長くなってくると別)

裏の顔は、表とは真逆になることが多いですから、彼の裏を愛せるかどうかが、幸せな恋愛・結婚ができる一つのカギだということ。

また、恋愛や結婚は、お互いの性格が違っているからこそうまくいくということはあります。違っているから、お互いがお互いを補い合い、素敵なカップルor夫婦になれるというわけ。

例えば、細かいところに気が付く女性や、心配性の女性は、仕切り屋の男性とお付き合いをしない方がいいと思います。 仕切り屋の男性は、プライベートではこだわりがなく「何でもいいよ」という感じになってしまいがち。

細かかったり心配性の女性は、一つのことを決めるのにも
「Aに決めたけど、Bがよかったかも……」
と、あれこれ悩んでしまうことが多いもの。

こんな二人がカップルになってしまったら、一つのことを決める(引っ越しをするかどうかなど)に3年とか5年とか、かかってしまうでしょう。飲み会などで、どちらかというと大人しくしているくらいの男性の方が、二人きりになった時、案外引っ張ってくれるもの。

ですが、逆の場合は、仕切り屋の男性は付き合うのに最適。
つまり、あなたが仕事でもプライベートでも、リーダーになることが多かったり、出かける場所や生活についてのこだわりが強い場合ですね。あなたが、仕切り屋の男性を引っ張っていくくらいの心意気があれば、こちらも素敵なカップルになれるでしょう。

相手の表の顔を普段から見ることができるのは、社内で男性を探すときの最大のメリット。
「仕事ができる」とか「カッコイイ」だけではなく、「この人の裏の顔は、どんなだろう? 私と合うかな?」と観察することで、素敵な相手を見つけてくださいね!
(橘つぐみ)

この記事を書いたライター

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ