ルーマニアのカンヌ女優にインタビュー!

本日3月16日から公開のルーマニア映画『汚(けが)れなき祈り』、カンヌ国際映画祭で女優賞と脚本賞を受賞した注目の作品だ。そのカンヌ女優が来日!ということで、ルーマニア人女優コスミナ・ストラタン、そしてクリスティナ・フルトゥルを取材した。

幼少期に同じ孤児院で育った親友、ドイツに出稼ぎに出ているアリーナ(クリスティナ)と修道女として歩むヴォイキツァ(コスミナ)。心のすれ違いから、精神を患ってしまうアリーナを救うため、修道院で行われた悪魔祓いの儀式がまねいた悲劇を描く作品だ。

残念ながら日本で知名度が低いルーマニア。日本人がルーマニアで思い浮かべるのはドラキュラ、コマネチくらい? 転出届けでルーマニア住所記載の際、イギリスやイタリア、アメリカでは市(県)レベルまで求められたのに、ルーマニアでは国名のみ……。
まずどこにあるかの説明を求められることがほとんどのルーマニア、かろうじて知られている首都ブカレストから更に鉄道で5~6時間離れた地方都市ヤシ出身という2人。なんと私もそのヤシに住み、彼女達の母校の大学で教鞭を取ったこともあるという偶然!

早速、ルーマニア語でインタビュー開始。挨拶や自己紹介はインタビューアーとして常識範囲。でもね、私は方言だって使えるんだから! と、映画内で出てきた表現を披露。関西弁ならぬ、マイナーな地区弁を話す外国人をイメージして欲しい。驚いた彼女達に、調子にのって新しいルーマニア語表現も教えてもらったり。
1
2
3
4

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事