インテリア風水で幸せを呼び込む部屋にするには?

新年度の4月を前に、引っ越しの予定や部屋の模様替えを考えている方も多いのでは? 気分一新、新たな気分をスタートさせるのに、取り入れたいのが“インテリア風水”。家具の選び方や置き方をちょっと工夫しただけで、運気がぐっとアップするのです。
今回は、その具体的な方法をご紹介しましょう。

インテリア風水とは?


風水とは「気の力を利用して運を開くための環境学」。人の運は環境からもたらされると考えられています。人気風水師の李家幽竹先生いわく「環境には、衣・食・住・行動など、自分を取り巻くものすべてが含まれますが、なかでも"住環境"を整えることはとても大事。なぜなら、住まいは行動や身につけるもの、食べ物などで培った運を貯めておく場所、“運の貯金箱”のようなところだからです」とのこと。

それでは、運気のいいと言われる土地に家を建てたり、マンションの間取りが(風水的に)完ぺきと思われる部屋を選べば良いかと言えば、そうと言う訳ではありません。むしろ今&これから住む部屋をどれだけ運気を呼び込める空間にするかの方が大事なのです。

古い家具は浄化を


風水といえば、どの方角に何を置くと恋愛運アップ! といった情報がよく掲載されていますよね。しかし、その前に気をつけたいことは、古い家具や本、新聞などによってエネルギーをよどませないこと。長年住み続け、特に模様替えもされないまま置かれたままの家具には、見えない部分に埃がたまってしまったり湿気によって痛んでしまい、さらには様々な気を吸収して、エネルギーが滞ってしまいがち。本や新聞も情報が古いものはエネルギーが巡りにくくなります。

もし、もう処分してしまった方が良いと思えれば、リサイクルや古本屋に出すなどして手放してしまいましょう。もう少し大切に置いておきたい家具や何度も読み直したい本などは、岩塩か海の塩を溶かした水で浸して(絞った)布で拭いて浄化を。アンティーク家具がお好きな方は拭くだけでなくセージを炊くなどして前のオーナーのエネルギーも浄化する必要が。

ソファーもこまめにメンテナンスを


疲れた時に癒してくれるソファーはマイナスな気を吸ったり、ソファの割れ目が汚れたりして、エネルギーが澱んでしまいがちな家具のひとつ。1年に1度はほつれている部分を直したり、もし取り替えが可能なら外のカバーを替えるなどメンテナンスを。

ソファーの下の埃を掃除するのも忘れずに。新しいソファーを選ぶ際には、肌触りの良いものを意識して選びましょう。ソファの下にラグマットを敷いて暖かみを持たせることで運気が逃げるのを防ぐことができるそう。

風水での方角ラッキーカラー


風水で見る方角のラッキーカラーはこちら。

 北西:白、茶、グリーン、ベージュ、ゴールド
 北:ワインレッド、ピンク、オレンジ、茶系
 東北:白、黄、赤西は、黄、白、ピンク、赤、青
 中央:紫、白、黄、ゴールド、シルバー
 東:赤、白、青、ピンク
 南西:グリーン、白、黄、黒、グレー、茶、赤、紫、オレンジ
 南:グリーン、白、赤、ベージュ、オレンジ
 東南:ピンク、黄、赤、白、青、オレンジ、グリーン、ベージュ


とされています。

こちらを参考にカーテンの色や家具を配置してみたり、現状で難しければソファの上にラッキーカラーのクッションを購入するなど色々と工夫をしてみましょう。

暖かい印象のリビングで運気アップ!


風水によると、リビングは暖かい印象を持たせることが大事なのだそう。

といっても、具体的にどうすれば良いのか迷ってしまいがち。そこで、国内外の家具を取り扱っているルームズ大正堂さんに暖かい印象の部屋にするための家具選びのポイントについて聞いてみた。
1
2

EDITOR

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事