セックス時、男性ウケする下着は白色ってホント?

「白い下着を持っていますか?」
この質問をすると、「YES」と答えるのはたいてい20代後半~30代以上の女性たち。10代後半~20代前半の女性は「NO」と答える人が多いです。そういえば筆者も、10代後半~20代前半の頃は、白い下着を持っていなかったように記憶しています。

理由は……はっきりとは覚えていないのですが、白い下着に対してなんとなく子どもっぽいイメージを持っていたんでしょうね。幼稚園や小学生の頃って、母親が買い与えてくれた下着は、ほとんど白ベースのものでした。子どもの頃はそのことに不満も疑問も抱かなかったのですが、思春期に入り自我が強くなると、白い下着を幼稚と感じ始めるのかもしれませんね。
その記憶があるからこそ、自分の稼いだお金で下着が買える大学生~社会人にかけては、白い下着はスルーし、色物下着ばかりを選んでしまうのでしょう。

しかし、一定の年齢を過ぎると、女性たちは再び白い下着に戻ってきます。戻ってくる年齢は人によって個人差があるでしょうが、サケが産まれた川に戻るかの如く、必ずといっていいほど白い下着に戻ってきます。何故か? 答えはカンタンです。それぞれの男性関係を経て、「男性は、なんだかんだで白い下着が好き」という結論に落ち着くから。「男性を意識して白い下着をセレクトしているのではなく、白い下着が子どもっぽいとは限らないということに気付いたからだ!」という女性もいるかと思いますが。ここでは男性ウケを狙って白い下着を選ぶ前者タイプに注目してみましょう。

それぞれの男性関係を経て……と書きましたが、色物下着ばかりを好む期間に、私たちは「この色は男性ウケがイマイチだな」ということを学習します。たとえば黒色! 黒色の下着は、なんといっても痩せてみえますし、ベッドシーン以外で万が一肩ヒモが見えてしまった際も、さほど卑猥な印象にならないので重宝します。ということは、男性たちが見慣れている色ということにもなりますよね。黒い下着=セクシーかと思いきや、男性陣にとっては新鮮味のない無難な色ということになるのです。筆者も、下着の引き出しは黒一色という時期がありましたが、男性から「いつも同じ下着だよね」と言われ、恥ずかしい思いをしたことがありました。

ほか、赤色のようなはっきりした色も、男性ウケはイマイチのようです。一般男性から意見を募ったところ、「やる気満々っぽくてコワい」「おばあちゃんの健康法みたい」「キン肉マンを思い出す」など、厳しい指摘が挙がりました。やる気満々のキン肉マンみたいなおばあちゃんと思われながらセックスするのは避けたいですね。

上記のような色物下着リサーチを各々経て、私たちは白色下着に辿り着きます。白色は、汚れが目立ちやすいために敬遠する女性が多く、そのため男性たちにとっては「見慣れていない新鮮な色」ということになります。女友達同士での情報交換やセックスハウツーでも白色下着は鉄板とされており、私たちは「白色なら間違いない!」と確信してセックスに臨みます。が、しかし……

一般男性に、「白色下着は間違いなく男性ウケがいいのか?」という質問をぶつけてみると、ほとんどの人が「NOではないが、YESでもない」とのこと。「汚れが目立ちそう」「おもしろみがない」「子どもっぽい」など、ごくシンプルな理由のようです。

白色が鉄板でなければ、鉄板は何色なのだ? という点をリサーチしたところ、筆者調べでは「ピンク色」でした。あまりにも普通な結果で恐縮です。考えてもみたら、ピンク色って、男性が身に着けるにはややハードルが高い色です。だからこそ、ピンク色の下着に対して、「女性と接している!」という実感が強まるのでしょうね。

もちろん、全ての男性が黒色や赤色の下着に欲情せず、ピンク色の下着が大好きというわけではありません。人それぞれ好みは異なるもの。だからと言って、ストレートに「何色が好きなの?」とは聞きづらいですから、前戯中や後戯中のふとした会話から、相手男性の好みを探るとよいでしょう。
(菊池美佳子)

この記事を書いたライター

菊池美佳子
1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストに転身

関連記事

今、あなたにオススメ