デートで「何食べたい?」と聞かれたときの模範解答

「何を食べたいか」と男が尋ねる→女が「なんでもいい」と答える→男が途方に暮れる→それでもなんとか考え出す→女はそれがいまいち気に入らない→男がウンザリする、というのは、恋愛トラブルのお約束ですよね。
 
ではいったいどう答えるのがいいのでしょうか?
 
男性からの問いに対して「なんでもいい」と答えてしまうと、男性は会話のボールをそのまま投げ返されたような印象を受けてしまいます。
 
「あなたに任せた!」というと聞こえはいいですが、要は丸投げ。これは請け負う方からすればとてつもないプレッシャーになります(仕事でもよくありますよね)。「OK!」と思える男性はいいですが、たいていは「めんどくせえなあ」と思ってしまうことに。
 
とはいえ、「ああいうのがいい、こういうのがいい」「●●のイタリアンがいい」「●●のスペアリブが食べたい」など注文をあげ始めたらキリがないし、そもそもそこまで要求するのも酷というもの。突然のデートであれば、お店の予約も取りづらい。だからこそ「なんでもいい」と言ってあげてるわけですが、さじ加減が難しいですよね。
 
そんなときの模範解答は、「何がいいかね~?」「どうしよっか~?」と、いったん間を置くこと。
 
そうすることによってお店選びが、男性だけのミッションではなくふたりで解決すべき問題となるわけです。男性のほうもリラックスして、「どこかいいところ、知ってる?」「お昼は何を食べたの?」などと会話を進めることが出来ます。
 
あえて自分から希望を言う際には、「さっぱりしたものがいいな」「和食かイタリアンな気分」など、幅を持って伝えるといいでしょう(これも仕事と同じですよね)。そうすれば男性のほうから「なら和食とか?」「イタリアンならいいところ知ってるよ」などと続けることが出来ます。
 
気をつけたいのが、ネガティブな言い回しは避けると言うこと。同じ意味を伝えるにも「さっぱりしたものがいい」と「脂っこいのはイヤ」というのでは、印象が全然違います。
 
ものごとを決めるのが苦手な男性たちの決断をうまく手伝ってあげれば、株がぐぐっとあがること間違いなしです。
(五百田達成)
1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡