「俺って財布代わり?」「せめて払うフリくらいしろよ!」~男を金づるにする女

前回、男が失望する女の行動男が萎える女の仕草についてお話したが、金銭面においても男をさらにガッカリさせる行動がある。

そう、男を財布代わりにする女である! 男の金をあてにする女である!
“女は奢られて当たり前”
“男が払って当たり前”
“金がなくとも男はミエを張れ”
という女性はこの世に存在する。
そして私は「俺を財布代わりに使うな!」という悲痛なエピソードをこのたび聞かされたのだ。

お会計に対して何もアクションをおこさない女子


女子と自分2人で飲みに行ったのですが、テーブル会計だろうが、出口のレジで会計をする場合だろうが、とにかくお会計に対して“何もアクションをおこさない女子”はチョー印象悪かったです。

「私も払う意志があります」ということを表に出してほしいですね。
お会計の伝票が来た時やレジで男が財布を出して払おうとする際に、女子だってバックから財布を出して「私も払いますよ~」という意志を行動で見せてくれる。「私いくら?」と聞くことぐらいして欲しいもんです!
僕としてはやはり女子と2人だけで飲みに行く場合は“付き合いたい”とか、あわよくば的な“下心がある”ので基本は奢る姿勢です(笑)。仮に女子がお財布を出したとしても払わせようとは思いません。

しかしこっちが払わせなくとも“素振りは見せろ”です!
“払う気なくとも財布ぐらい出してくれと、せめて払うフリぐらいしろ!”ということです。
“払おうという意志があると思わせてくれること”が男にとっては嬉しいんです。

会計で何もアクションをおこさない女子には「ん~?」「なんだコイツ」って思ってしまいます。
それが“結婚を見据えた彼女探し”をしていて“いいな~”と思った子を誘った場合など非常に残念です!
払おうという意志を見せてくれる、見せてくれないでは天と地の差くらい印象が変わります。

おねだりしてくる女子


キャバクラや商売系でもないのにこんな女子が存在しているのかと驚きました……。
それは、“男に当たり前におねだり”してくる女子です!

あるきっかけで知り合った女子とうちら男性の2対2で一緒に飲もうってことになりました。
その日、男2人・女子2人とも合流する前は別々に2時間ほど飲みに行っており、どちらも多少酔ってはいました。
そこでお店に入るなり女子の一人が、
「ここって確かシャンパン安いですよね~。メニュー早く持ってきてもらえませんか?」
と店員に指図。
うちら男どもには一切何が食べたいか?何を飲みたいか?も聞かずに……。

そしてメニューが来るなり
「安~~い!」と女子二人は声を揃えて叫びました。
それを覗き見るとなんと6000円のスパークリングワイン。
自分も連れの男も心の中で“高っ!”って思いましたが、そこで「頼むな」とも言えずスパークリングワインやおつまみ達がテーブルにやってきちゃいました。
しかも、そのボトル1本飲み終わった後に、
「ね~ね~ねぇ~~、クリスタル頼んでいい?」
とマスカラをバサバサさせながら俺の目を覗き込み聞いてきたのです。
“は?クリスタル???”ってそれが何か全くわからずビビっていると、
(※『クリスタル 』とはワイン通なら知っているシャンパーニュ)

その女子は
「店員さ~ん!クリスタル安く出せません?」
と……な、なんとアルバイト風な店員に値切ったのです!
“ええ~っ! 飲み屋で値切るのか?”

顔は可愛くとも大阪のオバチャンのような図々しさを持ちあわせた二人はアルバイトのお兄ちゃんじゃ話にならないと今度はもっとエラい人に話をつけようと他の店員を呼びつけたんです。するとチーフ的な人が裏から出てきて
「通常このクリスタルですと40,000円で出していますが、私がいる今なら25,000円で出して差し上げますよ。ただ私があと30分で帰ってしまうもので、今すぐ注文してください」
1
2

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ