恋愛をうまくいかせる、適当人間のススメ

つぐみ恋愛相談所の橘つぐみです。

恋愛・婚活がうまくいかない女性の性格の1つに「マジメすぎる」というものがあります。

真面目な性格の女性は(男性も)、結婚にはとても向いていますし、お互いに思いあえる相手と出会えたら、いつまでもラブラブでお付き合いができます。
しかし、恋愛の初期においては、真面目すぎるゆえにうまくいかないことが多いんですよね。マジメすぎるゆえにうまくいかないことの1つに彼(彼女)の、ちょっとした一言や行動を、深読みしてしまうというのがあります。

例1)お見合いサイトのプロフィールに「同居希望」と書いてあった。嫁姑問題は嫌だから、この人と会うのはヤメよう  
例2)初デートの店が、チェーン店だった。この人と付き合っている限り、ずーっと美味しい店に行けないの?
例3)彼女は、共働きは嫌だと言っていたが、俺一人で養っていく自信はないし…

こんな感じです。

恋愛の初期は、お互いに手探りの時期です。なので、彼があなたの思う行動・言動をしなくても、あまり心配しないでください。

中には、価値観の違いゆえに「この人とデートし続けていいの?」と悩むことがあるかもしれません。
マジメな人ほど、目に見えない何かを恐れて、いろいろ悩んだりしてしまうことがあります。(それが長所でもあるのですが)

一方、適当な人は「今、この瞬間」が楽しいかどうかを中心に考えます。あまり先のことは考えず、人間関係においても「この人は、私の仕事に対する理解が浅そうだけど、おごってくれたからいいか♪」と考えることが多いです。
1ついいことがあると、他を忘れちゃうんですね(笑)。

どちらがいい、悪いということはないですが、美人で、真面目で性格もいいのに彼氏がなかなか…というあなたは、ちょっと不真面目な考え方をしてみると、運命が変わるかもしれません。

コツは「1人の男性につき、1ついいところがあれば全て許す」です。

人間関係で相手を許すことが難しいと思う場合は「出来事」から始めてみるのもいいと思います。

例)傘がないのに雨が降った→そのお陰で、前から買おうと思っていたレインコートを買う決意ができた

一見、悪いことのような出来事でも、いい部分を1つ見つけて「まぁ、○○(1つのいいところ)があったからいいか」と、割り切ってしまうのです。
恋愛にしろ人間関係にしろ、うまくいっている人は、ある程度の「適当さ」を持っている場合が多いです。とても小さなことですが、是非やってみてください!
(橘つぐみ)
1

この記事を書いたライター

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ